実力確認(月例)テスト:5年生8月

昨日の投稿の続きです。

9/5(土)のテスト終了時刻には雨が降る予報になっていたので、帰りは迎えに行く約束をしていました。テスト後は待ち合わせ場所まで走ってやってきた長男、「校舎を一番に出る勢いで走ってきた~!」と嬉しそうに車に乗り込み、ご希望どおりに外食へ。回っているお寿司やさんへGO!最近ほんとよく食べるわぁ…

長男のテスト所感

ベルトを締めながら、自らからテスト所感を。「算数がねぇ、時間配分を誤って後半何問か解けなかったんだよね… 」と切り出されたときは、でしょうね… と思いましたよ、さすがに。そして「算数は~だけど、理、社、国の順にできたと思う。」と。注:特に国語については「できた=書けた」という意味です。

各教科毎の所感を長男のコメントで振り返ります。

算数

「計算ミスをしないように!と意識しすぎて前半に時間を掛けすぎて、時間配分を誤ってしまった。その結果、大問6と7のうち4問が解けずじまい。後半は時間がない!って焦ったけど、最後の大問8は規則の法則がすぐに浮かんだから先に解いた。」

「1問5点?だったら130点以下なのは間違いないね… わからない問題ならまだしも、どれも解ける問題だったのに悔しい。」「前半は計算ミスしないようにって慎重に解いた分、間違ってないといいんだけど… 」

問題用紙を見る限り、時間が足りず解けなかったという4問は解いた形跡もないので空欄であることは間違いないよう。本人も言うように前半の問題は慎重に時間を掛けて解いた分、ポカミスを連発していないことを祈るしかないですね。苦笑

長男にも伝えましたが、時間配分云々よりも練習不足は否めず、これが第一の要因であることは明らかです。今のところ理解できていない単元・苦手単元はないと言っていますが、テキストの問題を解いていないので洗い出しどころか、現状把握ができていません。情けない限りですが。泣

テスト結果が返ってきたら、解き直しすることを絶対条件にしているので、即実行したいと思っています。

国語

「漢字は1問間違い、知識はできたと思う。」「今回は説明文の最後までしっかり書けたから、時間の余裕はあったよ。」

夏休み中、国語については読解の復習どころか、漢字と知識の学習ですら一切していませんでした。そんな状況下で「一切していなかった割には~」と言われても… です。苦笑

理科

「4科の中で一番自信があるかな。」、そして体裁悪そうに「そんなにやってなかった割には… ね。ボクがそう思えるくらいだから、100点多いかも。」とも。

長男自身は「うまく進められなかった。」と学習内容を振り返っていましたが、母から見た感じだと「今回の範囲はどれも重要だし、もう一度動画を見て確認しておきたい。」といくつかの授業動画を見ながら復習していたように思うのですが。まぁテキスト問題を解いていませんからね、自分では足りていないと思っているようです。汗

社会

「ねぇねぇ、琵琶湖は~ 」「松平定信の~」と気になる問題を挙げて、「これって○○だよね?」「△△で間違ってないよね?!」と特に歴史については熱く語りながら確認していました。すべて夫相手に。母は蚊帳の外です…汗

気になる地理について今回は、直前の確認をしておいてよかった!と思える問題が何問かあったと言っていました。歴史は問題なさそう、かな。

歴史まんがの続編とこちらの下巻を早く買ってほしい!とせがまれています。学習に繋がるものなのでいつもなら欲しがれば即買っていたのですが、他の学習を疎かにして歴史ばっかり!!になる(実際になっていた)ので一時期から購入を控えていました。

気が付けば江戸時代も終わってしまうので、ポチってもいいかな。って遅すぎたか…

歴史まんがは明治時代を。

5年生、秋からの学習

予定していた夏の課題は、手付かずで山積みになったまま9月を迎えてしまいました。どう足掻いても時は戻せないので、今後は基本に返りスケジュールを組んで日々の学習を進めていく… 予定です。

以前なら計画どおりに進められていたことが、それが今は一番難しく。今朝もいつまでもダラダラしているので、いい加減に自覚しなさい!と一喝しました。

夜は寝る前になって、朝の態度とは一変して「心を入れ替えるから。明日もちゃんと起こしてね!」と宣言して22時過ぎには就寝。夏休み中からかなり不規則な生活をしていて、夜遅くまで起きているので朝起きれず〜な状況が今も続いているだけに、このままではダメだと思ったよう。

高学年男子、波があってほんと扱いが難しいですが、小さなできたを大きく褒めて(幼児と同じ?!汗)やる気をアップさせようと思っています。