自塾の夏期講習日程(5年生)

梅雨は何処へ~な陽気が続いていましたが、会社を出た頃に雨が降り始め、保育園から次男と雨降りさんぽしながら帰宅しました。明日は1日雨のようですね。

今年の夏も猛暑続きになるのかなぁ… 致し方ない事情とはいえ、暑い最中に夏休み返上で授業を受けなければならない子どもたちが不憫でなりません。長男には「しょうがないよね、その分3ヶ月もお休みがあったから、その期間に遅れを取り戻さないとね!」と明るく言っていますが。

再開した学校での生活、そして塾の授業も楽しいようで、毎日の報告が盛りだくさんです。今週の理系の授業では、確認テストで「久しぶりにトリプル達成(算数100点×2、理科100点の計300点をこう呼んでいる)した~!」と喜んでいました。「取りやすい週だったのね~」とは言わず、「それはよかったね♪」と催促される前に300円渡しておきました。100点取ったら100円貯金(母のお財布より)、現在も継続中です。

学校に通いながらの夏期講習

まだサイトにはアップされていませんが、今週の授業日に夏期講習についてのお知らせがありました。5月末に先生からのお電話で伺っていたとおり、7/20(月)の週から1日置きに夕方の時間帯で開催されるよう。通常は「4日連続の授業(1ターム)で中1日休み」で組まれるのですが、今年は1日置きにお盆休みを挟んで16日間、つまり8月いっぱいずーっと夏期講習となる日程です。

また16日間のうち半分くらいは学校に通いながらの通塾となるので、学習のスケジュールを組み、うまく回していかないといけない… これが大きな課題になります。

これまで季節講習中は塾から帰宅後にその日の授業分の復習、通塾前に前日の復習、中休み中に取りこぼし分の復習と、ほぼ塾課題のみの取り組みに充てて(追われて)いました。しかしこの夏は学校もあり、当たり前に宿題も出るでしょうし… これまで以上に朝と夜の学習時間を有効に活用しなくてなりません。1日ごとにお休みがあるのはまだ救いかな、そう思えたらいいのですが。

頭の中でシミュレーションしてみましたが、夏の課題をあれこれ思考する前にまず今は2つのテストを無事に終えること!それから『夏期講習までに学習のサイクルを整える』ことを意識していこうと思っています。さすがにその頃までには生活のリズムは元に戻っている…?かな。汗

今年の夏は帰省なし、旅行もなし?!

手帳に予定を書き込みながら、遊びに連れ出すならここかな~ などと考えましたが、日程的に厳しそうです。今年は小学校も保育園もプールの授業&お遊びが中止になったこともあり、夏の間にどこか泳げるところに連れていきたいのですが… 学校の都合もあり、そもそも帰省ができなさそう。

受験学年の6年生になれば「まとまった休みはないもの」と覚悟していますが、5年生の夏までは短くとも帰省と旅行を予定していました。長男は毎年恒例の夏の実家帰省をとても楽しみにしているのですが、今年の夏はコロナ禍の影響もあって帰省も憚られるなぁ~と。休校中も「夏は海で泳げるよね?クワガタ採りに行けるよね?!」と言っていただけに、願いを叶えてあげたいのですが…