休校&休講期間中の家庭学習状況(5年生)

3月から学校が休校、さらに4月上旬からは自塾も休講となりました。これまでの休校&休講期間中の家庭学習について、ざっと振り返ってみたいと思います。

教科別の学習比重

算数:国語:理科:社会=7:2:1:1

他教科と比較して算数にかなり時間を割いている状況です。理科と社会については自塾課題のみ(社会は地理の自塾問題集も含む)なのでそれぞれ1、国語は自塾課題(問題集含む)とスタディサプリで記述学習を細々と取り組んでいるので2くらいかなと。

理科と社会をも少し増やした方が…とも思うのですが、3月と4月の自宅で行った月例テストではそこそこ点が取れていたこともあり、このペースでいいかなと気を緩めています。ただ理科の次回のテストは電気がメインになってくるので、復習する時間をしっかり取らないといけませんね…

算数:分野ごとに復習

自塾の毎週の課題をメインに、『数の性質・平面図形・規則性・速さ・場合の数・文章題・立体図形』に分類して復習を進めています。内容は、

  • 5年生の自塾問題集
  • 4年生の自塾問題集から★3つの問題や入試問題
  • Z会エクタスのプレ講座問題の解き直し(4年生の時のもの)
  • 中数の問題集

などから1週間のスケジュールに合わせて選んでいます。問題によってはかなり頭捻って考えているので、「時間を意識して解く」ことが今後の課題です。以前からの課題「書くこと」については、以前より作図や条件整理して書けるようになったとは思いますが、今後も練習あるのみ!です。

理科:じゃがいも問題で点が取れず…

今月号の基礎ドリルにじゃがいも問題が出題されたのですが、「やばい、全然覚えてな~い!」と苦笑いしていた長男。採点して「あ~ 64点!取れた方だわ。」とのんきに言うので、大事に仕舞っていた4年生の春期講習テキストを引っ張り出してきて無言で渡すと「さっすが!」って。長男に強めの視線を向けつつ、整理しておいてよかったわ♪と思いました。

副教材となっている便覧や、こちらをよく開いて読んで(眺めて)います。

社会、「合格する歴史の授業」を愛読中

地理の自塾問題集も引き続き1ページずつノートに書いています。

タイトルに惹かれ… 笑 長男が好きそうだなぁと思いポチったこちら。とてもわかりやすく解説されていて、歴史好きなこともあり夢中になって読み進めています。著者はジーニアス代表の松本氏。

休校中はもっぱら上に挙げた図鑑類や解説本などを読んでいて、これらを読書と言っていいものか…な状況です。このお休みの間に文学作品や塾の素材文になるような作品を1冊でも多く読んでほしいと思っているのですが。せっかく自塾の国語の先生から(GW期間の学習法の中で)、読書に関する素敵な言葉をいただいたのになぁ。あまり強制しても…なので、母のセレクト本を棚に並べておきましょうかね~

学校の課題も引き続きしっかり出るようなので(担任の先生からのお電話で伺った)、今後も並行して進めていけるように予定を組んでいきたいと思っています。時間割どおりは無理だけど…