塾は休講、完全家庭学習に(5年生)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言が発令されました。

週明けから社内では、緊急事態宣言が発令された場合の対応について、これまで詰めていた内容が一気にまとまり、会社の指針が通達されました。部署内ミーティングを重ねて明日以降の勤務体制を決定、それにより母も(完全ではありませんが)在宅勤務となりました。保育園の自粛要請も出ているので、休業も挟みながら対応するつもりです。

自塾、休講時の対応

自塾も本日4/7(火)より休講となり、授業内容を動画配信する旨のお知らせをいただきました。自塾もついに!!です。休講は免れないだろうけど、そうなった場合の対応はどうなるのかと気になっていたので… 「すでに準備しており、環境が整い次第順次公開」という状況に心から安堵しました。

ただ3月に続いて4月の月例テストも中止(自宅受験)となり、長男はがっくり。休校当初から次のテストに向けて~と意気込んで家庭学習を進めていたので、またか…と残念がっていました。

特に4月のテストに向けては、「もう1巡して確認する!」とテスト範囲の算数テキストを並べて復習の計画を立て、実践していたところだったので。目標点を高めに設定して、「達成したらご褒美くれない?」という交渉までしてきましたからね。笑

その反動もあり、3月のテストが中止になったときは目に見えて緩みましたね、わかりやすいくらいに。汗 今回もモチベーションが低下しないように一手を打ちながら、やる気をあげていこうかと。

まずは授業動画を視聴して…ってどんな内容になっているのか、母が楽しみにしています。「どの先生が担当するのかな?」「先生の姿が見えるのかな、声だけかな?」と長男も興味津々な様子。笑

休校当初より危機意識が高まる

3月から小学校は休校になりましたが、塾は通常どおりの授業が行われていたので本人の意向もあり、公共機関を使わなくていいように送迎して通塾させていました。通塾と夫との早朝ランニング以外は自宅で外出自粛生活を送っていますが、通塾させることにずっと迷いを持っていた(矛盾する思いがあった)ので、正直なところすっきりした感じです。汗

4月になって感染者数は増加の一途をたどり、小学校の休校継続のお知らせも3月の休校当初とは違う受け止め方でした。夫ととも予定どおり再開したら休ませようと話していたので。当初の「お昼ご飯どうしょ~ 」などの思いも、そんなこと言ってる場合か?と。苦笑

幸いにも長男がこの休校生活にすっかり慣れて、思いのほかインドア生活を楽しんでいるので、その点は救われています。もちろん集中して勉強できないときもありますが、気持ちが切り替わる声掛けをして(←こう書くとすごくいいイメージする。笑)気を緩めすぎないようにやる気を促しています。

長男をサポートする時間もこれまでより取れるので、嫌がられない程度に関わっていくつもりです。「こんな状況だからこそ、できることがある!」と気持ちを切り替えて、自粛生活を送っていこう。