うっかり忘れていた、学校の宿題…(5年生)

休校が開始された4年生3月~春休み明けまでは、学校からの明確な宿題は出ていませんでした。5年生を迎えた4月に休校継続が発表され、それからすぐに「5年生の課題」として宿題がいくつか出ていた… ことを週末に思い出し、慌てて学校のサイトを確認しました。汗

宿題量は軽めで、学校からのプリント類(日々の記録など)と東京ベーシック・ドリル(東京都の教育委員会が学力向上のために作成したドリル類で、電子版とプリント教材がある。)の中から週ごとに指定された4年生の復習課題がいくつかある程度です。

東京ベーシック・ドリルの存在を今回初めて知りました。基礎・基本的な内容になるので塾課題と比較するのは… ですが、宿題とは別に国語の漢字や社会の地図は利用できそうだな(上から目線。汗)と電子版を早速iPadで取り組んでみました。長男曰く「(こちらに関しては)印刷したプリントの方がやりやすいかな。」とのこと。

休校中はiPadを利用して行う学習が多くなりました。これまでタブレット学習などは行ったことがなかった(臨時的なスタディサプリを除く。)ので我が家にとっては大きな変化です。そんな姿を見ながら、子どもたちの学び方も新型コロナウイルスの蔓延を機に大きく様変わりするのかな、5年後、いや2年後にはどうなっているんだろう… などと考える今日この頃です。

光村図書の朗読コンテンツ

都内の公立小学校でも多くの区市町村で教科書が採用されている光村図書のサイトに、「3月の授業で使用されている朗読コンテンツ」が掲載されていました。もし光村図書の教科書が手元にあれば…ですが、教科書を開いて3月の授業で習うはずだった物語の朗読を聞いてみてもいいかなぁと。

6年生の教材にもなっている谷川俊太郎さんの「生きる」は、市川猿之助さんが朗読されています。母はこの詩が大好きで絵本『生きる』も購入して、低学年だった長男と何度も一緒に読んだ(今は長男が次男に読み聞かせをしている。笑)のですが、猿之助さんの朗読で聞かせたくて。

「児童生徒に向けた学習支援コンテンツ」クローズのお知らせ
光村図書出版のウェブサイト。小学校・中学校・高等学校の教科書,デジタル教科書の情報や,授業・教材研究に役立つコンテンツ,連載コラムを掲載しています。

同じく6年生の「生き物はつながりの中に」は、スタディサプリの小6 国語(基礎)講座の教材にもなっています。


今日は4月の月例テスト2教科(算数と社会)を、残りの2教科は明日実施予定。採点はこれから~です。4つ揃ってからするべきかを考え中…