【結果】実力確認(月例)テスト:新5年生1月

2020年受験組の皆さん、連戦おつかれさまです。最後の最後まで力を出し尽くせますように。

この連日、長男とは「2年後には…」という会話になりがち、というかどうしても気になって受験の話題をしてしまう、という感じでした。移動しながらも「今ごろ…」とふと考えてしまうといいますか。

土日共にサッカーの練習&試合でグラウンドにいたのですが、「2年後もこんなに気持ちのいいお天気だったらいいよね〜!」なんて会話も。昔からかなりの雨女なんですよね… 汗

1月の月例テストを敢行!

持ち帰ってきたものの、なかなか手が付けられなかった自宅で行う1月の月例テスト。「この土日にやっておかないと、5年生の授業が始まってしまうよ!」とテストに向けての取り組みは一切ナシのまま(とりあえず片付けておきたい!という一心で。汗)実施しました。

長男の希望で好きな科目から土曜に算数と社会、日曜に理科と国語の順番で2日に分けて行うことに。日曜日は早朝から数試合して自宅に戻り「少し休憩してからしようね!」の予定が、まったりとしすぎたためだれてしまい「国語は月曜にしな〜い?汗」とやや乗り気ではなかったのですが。結局は理科の結果に気をよくして計画どおりに。笑

採点結果

算数:約95%
国語:約80%(記述50点分は母採点)
理科:祝・初の満点!!
社会:約90%

最後の最後に、5年生に向けてやる気が増す結果となりました。長男自身も「めんど~って思ってたけど、やってよかったぁ。笑笑」と。全体的に先生方がそう仕向けた?!とも言える易しめな構成だったと思います。ありがとうございます。笑

算数

45分を知らせるタイマーの音と同時に「あぁ~ 最後の1問がぁー」「一応書いたけど最後まで解ききれなかったから間違ってる。あと少し時間があれば解けたと思う、くやしい~!」と長男。母の「全体的にどうだった?」の問いに「最後の1問以外は簡単だったと思うよ。(最後の1問は)難しいというか、もう少し時間が欲しかったなぁ。」と。そして「その1問以外は自信ある。146点かな!笑」と自信たっぷりに言うので早速採点を。

母の「算数の結果、143点でした!」に、「あ、2問間違ってた?!」と言うので、「いや、その最後の自信がなかった1問だけだよ、配点が7点だから。」に、「えぇ〜まじで?!強気の配点だなぁ。笑」と。強気かどうかはわかりませんが…笑 今回のテストはいつもと違って、前半の基礎問題よりも後半の応用問題の方が配点が高かったですね。

何よりも今回は、4年生最後のテストで大問1(4問)&大問2(8問)をミスなく完答できて本当によかったです!

国語

理科の結果に気をよくして流れよく行った国語ですが、こちらも比較的易しめな内容だったようです。漢字、知識は満点。記述50点中、20点(10点×2問)に関しては解説の別解も確認しましたが、どう配点したらいいものか… で厳しめに採点したつもりですが、まだ甘いかも?汗

客観の選択問題について、長男が間違って選択した答えを確認すると、物語の文脈をまったく理解できていないわけではない(と思われる)ので、今後の鍛錬に期待したいところ… です。

母も「んーこれどっちだ?!汗」と考える設問もあり、難度高いなぁと思うこともしばしば。自分も解いてみると、子どもの誤答を頭ごなしで批判できなくなりますね。苦笑

理科

10分を残して「なんか全体的に簡単で何度も見直ししたから、もう大丈夫!」と切り上げて終わらせた理科。半信半疑で採点したところ、なんと初の満点!

冬期講習3回分を挟んでかなり範囲が広い中からの出題で、さらに事前の対策もなく~だっただけに、こちらがびっくり。気持ちよく終われてよかったです。笑

社会

前回の実力テストで痛い目にあっている社会ですが、「算数の次は社会ね!」と指定するくらいなので本人的にはそんなにダメージはなさそう。良いのか悪いのか。笑

漢字指定の地名を「この字だったか、いや違うこれじゃない… 」とぶつぶつ言っていましたが、最後の最後で絞り出せて正解!かなり喜んでいました。テスト内容も理科と同じく範囲が広かった割には易しめで3問間違い。

理社については、「長期記憶に難ありだけど、短期記憶はなんとか…」な結果になりました。

前回の7月のテストもそうでしたが、自宅で行うテストはリラックスできるのか普段よりいい結果… と思いつつも実際はどうだったかな?と振り返ってみたら、算数は過去最低点だった…汗

【結果】実力確認(月例)テスト:4年生7月
7月の月例テストは「自宅で各自取り組む」ことになって...

算数の基礎ドリルで良い兆し

塾から毎月される日付入りの基礎ドリルですが、1月号は1日、2日、3日と連続して90点(いつもの問1~4か5までの単純な計算ミス)が続き、さすがに「新年早々続けて…ブツブツ 4年生最後の月なんだからしっかりしようよ!怒」と喝を入れまして。

それからは100点を重ね、一転して「いい感じじゃない!」「やればできるんだから~♪」と盛り上げ(おだて)つつ~だったのですが、その後4日から31日まですべて100点という結果に!別に母の喝に慄いて?慎重になったわけでもなく淡々と取り組んでいたようですが、これはよい傾向だなぁと。

この流れで今回のテストで単純なミスなくしっかり取れたことは、長男にとっても励みになると思うのでしっかり褒めて、2月号も続けていこうね!と話しました。2月号は新5年生のスタートだからか易しめ設定なので(のような気がする)1日2日分ずつ、幸先の良いスタートが切れています。今のところは。笑