4年生の振り返り、5年生に向けて1(新5年生)

今日は小雪がちらつく寒い1日でしたね。こんな日こそ!と、1日うちにこもって4年生のテキスト整理をしていました。


4年生の1年間を振り返り、5年生に向けての抱負を書き留めておこうと思います。

4年生の振り返り

通塾に関して

長男は新3年生の2月から通塾しているので、自塾には2年間お世話になっています。3年生の振り返りはこちらに記録していますが、1年間の慣らし期間があったこともあり新4年生のスタートも比較的スムーズでした。

3年生からの通塾について思うこと(新4年生)
長男は3年生の授業カリキュラムが始まる2年生の2月か...

今振り返って「3年生からの通塾が必要だったか?」と問われたら、上記のまとめにも挙げたとおり「ある程度の演習量と向き合ったこと」「自らの意思で進んで学習する習慣がしっかり身に付いたこと」このメリットとなる2点が(特に後者については土台になったという意味で)大きいので、少なくとも長男にとっては必要であった、その選択をしてよかったと思っています。週1の通塾で負担も少なかったですしね。

4年生からは通塾が週2回(17:00~20:00の3時間)の授業となりました。60分×3コマを先生の入れ替わり時にひと息する程度で休憩はなく、ほぼ3時間ぶっ通しです。スタートする前は対応できるかな?とも思いましたが、まったく問題なかったです。何度か「眠たくならない?」と聞いたことがあるのですが、毎回「うん、大丈夫!」という返事。

通塾に関してはこれまで一度も後ろ向きなことを言ったことがなく、前向きな報告ばかりですね、今のところは。その点に関しても自塾を選んでよかったなと思います。ただ長男の場合、この1年内で(テストや体験授業などで)お世話になった塾に対しても良いイメージを持っているようなので、基本的に良いことしか見えない(見ないようにしている、が正しい?)のかもしれません。

基本すべてにおいて前向きな性格ですが、まわりが何も気にならないというわけではなく… その時々で気になった&思うことなどがあれば報告してくるので、母なりのアドバイスをすることもあります。

今ふと思ったのですが、1日の報告の中でもずいぶんと切り込んだ話もするようになってきましたね。以前は何に対しても「楽しい」「おもしろい」という簡単な感想ばかりでしたが、自分の思いや考えを言葉にして伝えることが上手になってきたなぁとも思います。これも成長でしょうか。笑

脱線してしまったので塾の話しに戻します… 汗

先生について

クラス(ブロック)によって担当される先生が違うようです。通常授業の場合は大体決まっているようですが(たまに違うこともある)季節講習の場合は決まっておらず、普段は他学年を担当されている先生や、この前の冬期講習では他校舎の先生が担当される回もあったそう。

長男は「先生が違うことがある」ことに対して特には言いませんが、それぞれの先生に感じることはあるようです。「今日の国語の授業、説明もわかりやすくてすっごくよかった。その先生はこれまで校舎で見かけることはあったんだけど、教えてもらうのは初めてだったんだよね~ 」「今日の理科は3年生の時に教えてもらった〇〇先生だったよ。ぼくのこと覚えてくれていて、声掛けてくれたから嬉しかった! 」など、授業内容だけではなく先生との雑談内容やクラスの様子なども色々と聞かせてくれます。

好感触もあればまたその逆もあり。直近の冬期講習で担当された他校舎の先生について「なんかちょっとつかめなかった。笑」と語っていました。あくまでも長男目線です。笑

長男は「活気のある面白い授業をしてくれる先生」が好きなのですが、厳しめなことを言ってくれる先生も好みのようで。その度合いにもよるでしょうが、「先生が優しすぎても気が締まらないしね~ 」なことを言うくらいなので、面白くてほどほど厳しい先生が理想なのでしょう。

女子に対しては一様に優しく接しているとのことですが、男子のことは結構いじってくる先生が何人かいるようです。長男はいじられてなんぼ!と思っているようですし「先生もその辺(いじっていいキャラなのか)はみてるっぽい。笑」と言うくらいなので、かわす術も習得して対応しているよう。この1年でコミュニケーション能力もずいぶん備わったのでは?と。笑

クラスについて

クラス(コース分け)については、あくまでも長男が通う校舎の情報になります。校舎の中でもクラスによって内容が違う場合もありますので予めご了承ください。

長男の通う校舎は、総得点で理系・文系毎にしっかりクラス分けされるのでシビアです。他校舎の情報はまったく入ってこず、状況がつかめないので他校舎のクラス分けシステムを知らないのですが。同じであればどこもシビアですね。汗

5年生からは上から3クラスずつ区切ってブロック分け(上からA、B、C…)され、そのブロック内で理系・文系にクラス分けされるとのこと。保護者会もブロック毎に開催されるらしいです。

長男はこの1年なんとかAブロックを死守できましたが、 ブロック内の3つのクラスを経験して言えることは、同じブロック内(4年生のうちは明確なブロック分けはないのですが一応)でも授業の進め方が違うということ。最上位クラスでは基礎基本はなく(新単元の授業ではざっくりと基本的な説明はされるようですが)いきなり応用問題から入ります。

3番目のクラスの場合はまず基礎問題を解いてから応用に入るので、長男は「基礎をしっかり教えてもらえるから、このクラスもすごくいいよ!単元によってはこっちの方が身に付くかも。」と言っていました。

4年生では通塾曜日によってクラスが2つ(すべてのクラスが2つずつ存在する)ありましたが、5年生からは通塾曜日が1パターンとなるためクラスも1本化されます。今の時点では何クラスでスタートするのかはわかりませんが、実力テストの結果で配置されるクラスは期待はできないので… 汗 希望するブロック内に入れれば~と思っています。それも危うい?汗


長くなったので2に続きます。

続いて授業、成績などについて振り返りたいと思っていますが、実力テストの自己採点後なので(今週の授業で答案用紙を持ち帰ってきたため、自己採点してしまったのです。汗)振り返りというより反省録になってしまいそうです。苦笑