チャレンジしたい!(4年生)

2020年1月の入試が始まっていますね。今年受験組の方のブログをいくつか拝読させていただいていますが、陰ながら応援しています。


突然ですが… 今週に入ってから長男が思い立ったように、自塾の実力テストと同日に行われるサピックスの組み分けテストを受けたいと言い出しまして。その後の親子のやりとりは長くなるので割愛しますが、母の心配(サピックスのテストで気力失われて午後からの自塾のテストに支障が出るでしょ、ただただ疲れるだけでしょ、とか。汗)をよそに何を言い出すのかと。

親子で話し合いをした結果、母が折れる形で「気持ち的に余裕があれば受けましょう」となり。まずは自塾のテストに向けて日々やるべきことを!な状況なのですが。苦笑

サピックス生用の復習問題にチャレンジ

長男から「サピックスの問題ってどんな感じなんだろう?」と聞かれて戸惑った母。自塾のカリキュラムと似ているらしいけど…はて?と。そういえば!とネットより頂戴してそのまま仕舞っていたサピックス生用の算数の復習問題(無料のサンプル問題)の存在を思い出し「こんな感じらしいよ、やってみる?笑」と長男に渡すと、「お~いいね、やるやる!」と早速時間を計ってチャレンジ開始!

勢いよくチャレンジしたのはいいけど解答解説がない。汗 やむなく母が解いて…だけは避けたい。大汗 と言う流れで本サービスに無料登録(サービス先に問い合わせて他塾でも利用可と承諾を得て)したついでに他の問題にもチャレンジ。

制限時間が厳しすぎて…

本サービスにもあったサンプル問題はまずまずの結果だったのですが、ついでにチャレンジした問題で7割を切るという結果にショックを隠し切れない長男。「問題数の割には制限時間が短くて厳しいよ… 時間無制限だったら解ける問題もあると思うけど。汗」とぼやいていました。

そして「ちょっと(サピックスの)テスト受けるの考える。ここまで厳しいと思ってなかったから。苦笑」と一気にトーンダウン。あくまでもこれはサピックスの実際の問題ではないからね!と伝え、チャレンジしたことを褒めていたところに「挑戦力診断テスト」の結果が届き、「ほらほら、問題に立ち向かう姿勢が何より大事って書いてあるよ、その気持ちが大事だよね!」と盛り上げ、またやる気がアップした次第です。笑

ダブルヘッダーは回避方向で

余裕があれば~と言っていましたが、今日の時点ではさすがにサピックス&自塾のダブルヘッダーはかなり厳しい状況です。そんな経験は6年生からでいい… って過去に経験したことあったような。汗

とりあえずは自塾のテストに向けて、今できる限りのことをする!ということで落ち着きましたが、長男のやる気を削ぐ声掛けをしてしまったことに今でもモヤモヤしています。

テストまでは残りわずか。母も気持ちを切り替えてサポートがんばろう!