待ちに待った冬休み(4年生)

昨日は2学期の終業式でした。今日から待ちに待った冬休み!に入り、同時に自塾の冬期講習(年内4日間、年明けて2日間の計6日間)もスタートしました。冬期講習は最初の2日間以外は母の休みと重なるため、送り出したりサポート(テキスト整理の面で)したりしやすい期間にあり、また6日間と短いので気持ちもずいぶん楽です。まだ初日なので楽とか言っていますが… 汗

通常授業の積み残し分

先週の年内最後となる通常授業が終わってから、「冬期講習が始まるまでに、やり残した授業テキスト&プリント類はすべてやっておこう!積み残しなく、クリアな状態で冬期講習を迎えようね!」と話していたのですが。算数は32、33の範囲がまだ終わっておらず、漢字も知識も… と12月の実力確認テスト後から完全に気を緩めていまして。汗

とは言ってもリビングのデスクに座って何やら取り組んではいるのです。自学とか自学とか自学… とにかく自学を優先して調べものをしたり、イラストを描いたり~とそれはそれは夢中になって楽しそうに。自学も立派な学習ですから、自学を止めて塾勉しなさいっ!と言うのも… と寸前で堪えていますが。苦笑

一応基礎ドリルと公文英語のプリントをしたら、あとは自学~ ヽ(`∀´)ノ な感じでした、一昨日までは。

通知表、算数の評価が下がる

「算数がさぁー 」と言いながら差し出した通知表。まずは生活面の評価と先生からのコメントを読み、学習評価の一覧を見る流れで確認、「あら、1学期より算数の評価低くなってるね!」「そーなんだよねぇ… 」とショックを隠し切れない様子の長男。

「やっぱりちゃんと式書かないからじゃない?笑」と言ったあと、意外とまじめに母の思いや我が家の指針を伝えたところ、思うところがあったよう。3学期に向けての意気込みを口にしたので、「そうだよね、その気持ちが大事だよね!」と話しました。

それから「図工と体育、びしっと並んでカッコイイね!」と頑張ったポイントを探して褒め、母の小学校時代の通知表あれこれ(まさに自虐。笑)を話して和みました。反面教師になったことでしょう。笑 しかし自分の子ども時代を振り返ると、偉そうなこと言えませんね。母の何倍(何十倍?!)も勉強しているし、努力していると思います。汗

母の話が効いたのか?塾課題やっておかないとー!と昨夜、そして今日の朝学習で溜まっていた分をすべりやり終え、冬期講習初日に臨めた感じです。ザ・やっつけ!

初日の感想を聞こうと終わった頃にメールを入れたところ「メールじゃ伝えきれないくらいに楽しかった!」とのこと。帰宅してから事細かな報告を聞きました。笑笑

冬休みの学習予定

冬期講習前半と後半の間に休日が5日あり、その間に年越しで3泊4日の旅行(長男が夏休み明けから楽しみにしていた)に出掛けます。旅行にも学習グッズは持参することにしていますが、さてどれだけ時間が取れるのか。計画表には2時間と書かれているけど、どうかなぁ~

冬期講習中は「塾課題はその日のうちに終わらせる!」を目標に、自分で作って貼り出した計画表を基に進めるらしいので、取り組み自体は長男にお任せして、母はコピーと丸付け対応しながら進捗を確認していこうと思っています。

日々の課題MEMO

朝学習課題

  • 基礎ドリル(塾)
  • 計算プリント(塾)
  • 算数問題集(塾)
  • 漢字(四谷リーダードリル小5)
  • 公文英語

塾のある日

  • その日の塾テキスト(算数、国語、理科or社会)

塾のない日

  • 塾テキストの残り
  • 復習テストの解き直し
  • 理科、社会テキスト読み直し