【文化祭】開成中学校・高等学校2(4年生)

開成文化祭の続きです。

「ダメ元で生物部と物理部に行ってみよう!」と会場を移動するもこちらも長蛇の列、そして入場規制をしている参団もあり断念。他の部も含めこちらの会場は昨年じっくり見たから今回はいいよね!と話して、テニスコートでしばし休憩。

指定券を取っていたプラネタリウムの集合時間になったので移動し、待機席で天文気象部の紹介映像をのんびり鑑賞。昨年は講堂だったけど、工事中だから教室なのかな~ とか紹介映像は今年バージョンで新しく作ったんだね!など昨年との比較をしながらプラネタリウムの始まりを待ちました。

時間になりお手製のドーム内へ。開成のプラネタリウムは昨年同様空気で膨らませたドーム型のもの。基本は夏から秋に掛けての夜空の解説がメインなのでスライドでの写真解説もほぼ昨年と同じでしたが、話し手が違うので新鮮な気持ちで聞くことができました。

長男が4年生になって学校や塾で星座について学んでいるので、昨年より理解してさらに興味を持って聞けた点が良かったと思います。授業で聞いて得た知識を母に話す一丁前な様にも成長を感じたなぁ。笑

お隣の展示コーナーも楽しみにしていたのですが、時間的にもすでに終了していたので残念ながら見ることはできず。まだ開いているところはないかな~と校舎内を巡り、16時半になったので外に漏れる管弦楽団の演奏を聞きながら校舎をあとに。

出口に設置されていたインスタスポットには行列ができていたため、ペン剣オブジェの撮影はできず。「また来年ね!」「うん、絶対に来たい!!」と話も弾み、夢も膨らんだ帰り道でした。

開成中学校・高等学校:開成祭まとめ

「やっぱり来てよかったね!」「うん、超たのしかった~!」と感想を言い合った開成の文化祭。昨年より参団巡りはできませんでしたが十分に楽しめたし、また昨年以上に「ホスピタリティの素晴らしさ」「生徒さんの雰囲気」を親子共々感じることができて非常に満足しています。駒東と同じく好印象を抱いて「目指したい!」という気持ちがより一層アップしたのでは?と。笑

短い滞在でしたが、その間に赤Tシャツの案内係りの生徒さん数人とお話しする機会があり、「文化祭の委員や係りは全員がするもの、例えば在学中に○回しないといけない義務があるとか、そのような決まりがあるのですか?」と質問してみました。

母の目からは生徒の皆さんが自主的に率先して行動しているように見えたのですが、実際のところはどうなのかなぁ… という思いがあって。

母の疑問に応えてくれた高校生は「いえ、そんな決まりは一切ないです!やりたい生徒が手を挙げてやっています。」と。係り決めも強制ではなく「今回(赤Tシャツの案内係り)も、自分で希望してなりました。」と笑顔で。そして「中には自ら進んで3つ、4つ係りを兼務している人もいますよ!笑」とも。一大イベントの運営に関わりたいという意欲で成り立っているのかぁ… とあらためて感心しました。

さらに「クラス全員がやりたい!って人ばかりではないですよね…?汗」という不躾な質問にも、「はい、文化祭とかまったく興味ないって人もいます。今回も来てないんじゃないかな~ 」と。だからといって参加しないことを咎めることもなく、咎められる環境でもないよう。

長男も一緒に話を聞いていたので、この日のよもやま話の中で「参加するor参加しない」ことを「良いor悪い」で判断せずすべてを受け入れる体制について、母が思ったことをざっくりとですが話しました。

「長男はどうかな、(自分の学校イベントに)積極的に参加したい?」と聞いたら「もちろん参加したいよ!自分がこの学校を選んだ理由を話して、良さをアピールしたい!!笑 看板やポスターに絵を描いたりもしたいなぁ〜 」と意欲満々。ほーそれは楽しみですな。笑

9月の文化祭訪問時に生徒さんの姿を見て、感じるものがあったからこそ出た言葉だと思いますし(実際に「モチベーションが上がった!」というようなことを言っていたので)かなり良い影響を受けたのは間違いないですね。影響受けすぎ?笑

今後も意欲的に学校訪問をして、それぞれの学校の良いところを見つけていきたいと思っています。