【学園祭】芝学園(4年生)

3連休中日、15(日)。大満足して駒東を出たあとは、電車を乗り継ぎ芝学園へ。次男には「東京タワーが間近に見える学校だよ~!」と魅力ポイントを伝えていたので、おやつよりも先に早くいこー!とノリノリでした。笑

神谷町駅から歩いて5分ほどで到着。校門前に設置された今年のテーマ「Re:painting」の展示、凝ってますね~

よーくみると、校長先生がいました。MUTOU PAINT!笑

友だちママに芝の評判を聞いていたので、それを自らの目で確かめたい!と以前から訪問したいと思っていました。これまでの学校訪問は都合がつかず、今回やっと来れた~!がしかし、この時点ですでに15時すぎ。汗

学園祭2日目のこの時間の状況は、駅に向かう多くの人たちとすれ違う道すがらに読めてはいたのですが、校舎に入り「まだやってるといいね!」と希望を持ちながらEVに乗って7階の飲食コーナーへ… 行くもすべて「SOLD OUT」「売り切れ」の貼り紙が。ですよね。泣

後夜祭&フィナーレの準備も始まっていたので、すでに展示を終えて片付けしているところも多く残念…

フロアも人が疎らで閑散とした雰囲気でもあったので、長男がここだけを見て「芝のイメージ」を作られてはならぬ!と今回は訪問した時間が遅かっただけで、また(今回に限らず)訪問する時間帯によって受け止め方も変わることについて話しました。

「そうだよねぇ。来る時間が早かったら、駒東と同じ思いをしたかもしれないし。」と理解を示した長男。どうした~?ずいぶんと大人だなぁ。笑

「うわっ、すごい!東京タワーだ、はとバスだぁ~!」と大喜びの次男と一緒に東京タワーウォッチングをしながら時間いっぱいまわろう!と、(なぜか8階に行き忘れたのですが)6階から下りながらまだオープンしている団体を探して校舎内を巡りました。

途中、開放されているテラスに出て風にあたりながら、校庭で盛り上がっているステージを眺めたりしつつ、理化部でピタゴラの実験やペットボトルロケットの発射を見たり、美術部の作品展示を見たりして。

天文気象部だったでしょうか、兄弟ふたりは望遠鏡で東京タワーを覗いて喜んでいました。笑

プログラムを見て「『かえりみち』に行きたい!」と言っていた長男ですが、終了しているのをみて「駒東の『霊怪迷宮』とどっちが怖いのか比較したかったなぁ~ 」と。帰りにちらっと聞いた芝大賞の発表で、かえりみちって読み上げられたような… お化け屋敷対決は来年に持ち越しで!笑

芝学園:学園祭まとめ

上記のとおり滞在時間が非常に短く、体験&見学できる団体も数少なかったことから、かなりうすっぺらーいまとめしかできないのですが。汗 また芝生との触れ合いもほぼなかったので多くは語れませんが、生徒さんはとても穏やかな感じですね。

パンフレットを見るとかなり充実したプログラム内容で、校庭には種類豊富な縁日やミニ鉄道が走っていたりと、小さなお子さんにも楽しめる催しもあって我が家向きです。顔出しパネルもいくつかあって、もちろん記念にパチリしました。駒東でも駒東生になりきりましたしね。笑

校舎に入ったらすぐ目の前で行列ができ始めたので、なんだなんだ?とすかさず並び購入した芝どら焼き(1袋2つ入りで350円)。列の後ろではここで終了の案内をされていたので、ひと足早く並んでよかったです。

見どころがたくさんあった芝学園の学園祭。来年こそは… って、5年生のこの時期になると偏差値度外視な動きができなく(しにくく)なる?まだ夢を持っていられるかな… いや行けると信じて!来年こそは朝イチから行くぞ~!


渋渋のバトン部は飛龍祭本番でどうだったかな。縁も所縁もないただのおばちゃん(実は学生時代バトン部でした)が想いを馳せる… どなたかがリポートされているのを期待して探してみよう。