夏期講習、前半日程が終了

夏期講習2タームが終わり、前半の日程が終了しました。1、2タームの間は、サッカースクールの夏期レッスンや他塾の算数講習(本人の希望で追加受講した)が同日にある中、体力的にも大丈夫かなと心配はしていましたが、まったく問題なく過ごせたようでほっとしています。

午前午後と予定があり、帰宅後は数時間の勉強… の毎日だったのでやはり疲れるのか、いつもより早く寝る習慣になっていて。しかも寝付きも早い!そのおかげか早起きして朝学習もいつもどおり取り組んでおり、夏休み中も生活リズムが乱れることなく過ごせています。

夏期講習+サッカーレッスンの日よりも、夏期講習+算数講習の日の方が「今日は疲れたから早く寝るね~!」と早寝する傾向に。炎天下のサッカー(しかも練習グラウンドまでの往復も時間が掛かる)よりも、頭を捻りまくった時間が長い方が体力も使うのだなぁ… と今後の予定の入れ方について考える機会となりました。

夫は「何をするのにも体力が第一」な考えなので、今後もサッカーと受験勉強は両立していくつもりですが、さていつまでがっつりできるものかと。受験は体力勝負だと思うので、今後も運動する習慣もしっかり付けていこうと思っています。

夏期講習中の学習の進め方

夏休み中の学習の取り組みについて記録します。理科と社会の授業テキストについては「1回」としていますが、翌授業(中1日)までにできるところまで!としています。

算数
  • 塾:計算ドリル(タイム計測、1日分/毎日)
  • 塾:計算プリント(タイム計測、1回)
  • 塾:授業テキスト(授業中に取り組んでいない残りの問題のみ)
  • 塾:配布された単元毎の問題集(5P)
  • 図形プリント3枚
国語
理科
  • 塾:確認テストの間違った問題の直し
  • 塾:授業内容の復習プリント(裏表1回)
  • 塾:授業テキスト(1回)
社会
  • 塾:確認テストの間違った問題の直し
  • 塾:授業テキスト(表紙裏、入試問題のみ 1回)

すべて間違った問題を当日か翌日のうちに解き直しするようにしています。学校の宿題はすべて終わっているので、ほぼ塾課題がメインですね。夏期講習中は理社の比重が多く、算国は比較的軽めです。上記のとおりほぼすべて1回(1巡)な状況で、2巡する余裕はまったくありません。汗

理科・社会は丸付けも長男にお任せで

理社は夏期講習中も通常カリキュラムどおり進む、さらに中1日の日程となっているので、自宅学習の進め方は下記のとおりにざっくりと。例えば理科の場合、

  1. 社会の授業の帰宅後に理科の授業テキスト半分、翌朝(理科の授業当日)に半分&復習プリントに取り組む。
  2. 自分で答え合わせをして丸付けし、訂正する。
  3. 宿題提出ありのため、理科テキスト&プリントを授業に持参する。
    授業前に前回のテキストを広げて復習しているか?は不明。笑

夏期講習から母が不在中の学習を進めるにあたり(上記のとおり、授業テキストがすべて終わる朝の時点で母は出社しているので)理社に関しては解答解説を長男に渡して、丸付けを任せることにしました。

「問題をすべて解いた後、解答を見て丸付け、間違ったところにはバツを付けて解き直しする、最後までしっかりと確認すること。」というお約束付きで。

母の「まさか答えを丸写ししないよね~?」に「するわけないでしょ、それやってなんの得があるの?笑」と。テキスト&プリントを確認するとバツが付いた問題は訂正後にマルを付けていたりと、ちゃんとやっている感は出していますが… まぁある程度は許容しましょう。笑

今のところは確認テストでもそこそこ取れているので、今後の様子を伺いつつ「あれれ?」の場合は対応(教育的指導)したいと思っています。

算数の授業テキスト裏面と国語の記述

算数の授業テキストについては授業内に丸付けまで終わらせている場合は、自宅学習なし。同じ問題が掲載されている裏面はスルーです。裏面を活用するのはテスト前(対策用として)に間違った問題ページをコピーする時のみ、の予定。今後間違いが頻発したらがっつり裏面まで!になるかも…ですが。汗

夏期講習の算数は新単元はなくこれまでの復習問題なので、今のところは順調に進んでいることもあり、同じ問題の演習量を増やさないようにしています。その分、いつの間にか溜まっていた毎週配布された問題集を淡々と進めています。

国語の記述問題については「母と一緒にしようね♪」と言いつつ、なかなか取り組めず山積みになっております。汗 初回くらいはしたかな… さていつしようか… その分、漢字は頑張っています!


お待ちかねの旅行まであと少し、がんばれ〜!

中休みとなる明日は朝から恐竜を見に行ってきます。次男のお付き合いで。笑