2019夏期講習(4年生)

始まりました、自塾の夏期講習。2日目となる今日は4件の予定が入っていたのですが、スケジュールどおりに動けたようです。1日の様子を聞いて、カンペキだね!と大げさに褒めたところ「“今週がんばったね!”ってことで本屋さん行かない?」とご褒美の要求が。

「そうだね、台風次第だけど行こうかね~ 」と返事。みまもりSwitchには「ルールを5分越えてあそびました」と出ていましたが… まぁそこは黙っておきましょうか。「ルールを守って遊ぼうね♪」とだけ、にこやかに言っておこう。結局言う~

算国は少なめ、理社は通常どおり

春期講習と同じく、算数国語は毎回(16日×1コマずつ:通常授業よりテキスト枚数少なめ、復習・漢字テストなし)、理科社会は隔日(8日×1コマずつ:4年生カリキュラムに含まれているので通常どおり、復習テストあり)になっています。

理科と社会は通常単元どおりの内容を中1日でこなしていかないといけないのでかなりハードですが、復習テストもあるのである程度は取り組まないといけません。他予定との兼ね合いもあり、復習時間の捻出が課題に…汗 取捨選択しながらなんとかがんばりましょう!

夏期講習のクラス

夏期講習は通常の通塾曜日に関係なく組まれているため、クラス数も倍に。クラスの総数は以前と変わらず。また季節講習については理系文系でクラス分けはされません。夏期講習後~次回のテスト結果が出るまでの通常授業クラス分けも別途案内があるようです。

クラス担当の先生

季節講習はこれまでの経験でいうと(長男の校舎の場合になりますが)、先生は通常授業とは違う、また毎回固定ではなかったです。通常授業でもブロック毎に大体は決まっているようですが「今日は違う先生だった!」ってこともあるので、季節講習に限らず完全に固定ではないようです。今年の夏期講習については今後どうなるのか?ですが。

授業が毎日あると、テキスト整理やコピー作業もサボれませんね。汗 母もがんばります!