算数の「試行錯誤する力」を伸ばしたい(4年生)

早いもので7月になり、4年生の塾カリキュラムがスタートして半年を迎えようとしています。日々の塾課題に週テストや月例テストに追われ、それをこなすことに精一杯の毎日… ですが、長男自身は疲れも見せず逆にやる気モード全開な状況。6月の月例テスト後は少し気が緩んでいるようですが。汗

4科になってクラス落ちを経験したことでその悔しさがバネとなり、それが今も継続している感じでしょうか。モチベーションが継続しているのは「あぐらをかいている余裕がないから」とも言えますが。笑

いつだったか?デスク前に「今やるべきことをしっかりやる!努力!」と書かれたメモ紙が貼られているのを発見、受験勉強を通して長男の成長を垣間見た出来事でした。長男の学習に対するモチベーションが継続できるよう、今後も細かく様子を伺いながらサポートしていこうと思っています。

算数の授業単元プラスの学習

上記のとおり塾課題に追われる毎日で余裕は一切ないのですが、母の中でいつからか算数の学習について「授業単元プラスαの学習」を考えるようになり。

というのも長男が算数オリンピック(学年でいうとジュニア算数)問題や、自塾の課題の中でも難度高めの問題(復習単元テキストの最終ページや、配布問題集の後半に掲載されている入試問題や最終ページなど)を好んで取り組む傾向にあり。

その類の試行錯誤する問題に頭捻りまくりながら向き合っている姿や、(丸付けする母の)「正解!」を聞いたときのしたり顏を見ていて、その挑む姿勢に応える「プラスになる何か」を考えるように。

とは言っても家庭学習で何かの教材を与えて「これやってみたら?」というのはサポート面で非常に厳しい。また算数塾に通うのもさらに日々の課題を増やしたくないのが大前提にあるので、それはなし。

算数塾に関しては「3年生」かつ「今後塾で習う授業単元を先取りする」目的であれば考えられるのですが、今から通うことは選択肢になく。3年生(新3年生2月)から算数塾に通う選択をしなかったので、通っていれば今どうだっただろう…と考えることはあります。笑

自塾の4年生単元には(いくつかの特殊算など)長男が初めて出会ったものが多く、今のところは授業+自宅での復習で理解し進められていますが、これらを先取りして学んでいたらもっと楽に進められたのでは~と思うことも。逆にかなり楽観的ですが、現状でとりあえず理解できているなら今後の(自塾の)スパイラル学習効果で十分なのでは?とも。

今後、4年生後半~5年生での新出単元の壁にぶち当たったら「やっぱり… 」と思うのでしょうね。すべてたらればになってしまいますが。笑

夏期「算数特化の講座」

大小規模に関わらず様々な塾で開催される夏期講習。自塾でも16日間と他塾より長めの夏期講習が組まれています。調べたところ、他塾で通常の授業単元ではないオプション的な「算数特化の講座」がいくつかあり、その中のどれかに参加するのもいいかなと考えています。

宿題はなく、授業内で完結する講座を選びたいのですが…汗

特別講演会イベントに参加

算数特化講座の情報を探っている中、とあるDMの中になんとも魅力的なイベントが目につき早速サイトで詳細を確認してみました。「これは良い機会になるかも!」と思い申し込みをし、6月中にイベントに参加。

長男は診断テストを受け、母は特別講演会に出席、その後は親子で解説授業も受けてきました。

[小学4年生向け]特別講演会イベント
【4年生向け】 最難関中学受験プレミアム講座小4開講記念イベント(無料・要予約)のご案内ページです。2018年入試速報をまじえた最新情報を講演形式でお届け! 診断テスト後に、攻略に直結する解説授業あり。

参加したイベントの詳細については後日投稿します。「算数プラスαの学び」については今後も続きます!(予定)