【結果】実力確認(月例)テスト:4年生7月

7月の実力確認テストは「自宅で各自取り組む」ことになっており、予定どおりテスト範囲となる19回の授業週に配布されました。点数の連絡も必要なし、成績やクラス昇降にも影響しないテストなので、算数・理科はテキストの途中、社会はざっくりと1巡、国語は漢字だけ…汗 な状態で実施。とりあえずは夏期講習前に、ひとつでも課題を片づけておこう!という思いだけで挑みました。

本来は塾でのテストと同じく1日に4科続けて行うのが理想的なのでしょうが、夏休みに入った土日から母が帰宅後の平日に1日1教科ずつ4日間で実施。毎回タイマーをセットして、母の「はじめ!」の合図でスタート。←長男がやって!と言うので。笑

採点結果

算数:過去最低点… がーん
国語:9割(記述38点を除いた112点中)
理科:9割強
社会:8割強 9割

追記:7/25更新
後日、社会の答案用紙を何気なく確認していた長男から「あれ?ママこれ3点で計算してるけど、2点配点だよ?」と言われ… 母、採点ミスをしておりました。汗 微妙ですが一応訂正しておきます… 

自宅だとリラックスするのか?なかなか良い結果となりました。算数以外の3科は。汗 長男の出来からみても、テスト全体の難度は低めだと思います。

算数

採点した答案用紙を渡すと、「まじっ?!これはヤバイね… 思っていた以上にできてなかったな… 凡ミスは多いだろうなぁ~と思ってたけど。汗」と言うので、「これまでの過去最低点で、全然凡ミスなんかじゃないですよ。成績に関係しない自宅でのテストとはいえ、自塾の学習の一環としていつもと同じ気持ちで取り組まないといけないよね?」と(冷静に)答えた母。

すると苦笑いしながら「そんなに怒らなくてもぉ~ わかりました、ちゃんとやり直します、します!」とデスクに座って解き直していましたが。母、笑っていないだけで決して怒ってはいませんよ。キリっ。

解き直し後、満点。算数のプラスα学習~なんて考えている場合か?!と思いましたが、まぁなんとか… よかったです。苦笑

国語

保護者会で言われていたとおり、読解問題は物語文と説明文の2本立てでした。どちらも比較的わかりやすく長男にとっても点が取りやすい内容だったと思います。漢字は満点でした!記述点次第ですが国語は過去最高点かも…?

国語の記述に関しては母採点だと甘くなってしまう(設問もいつもより短く簡潔なので採点はしやすいのですが、文章の結び方などが若干解答と違うのでマルにしてよいものか?と。)ので、先生にお願いしていつもどおり厳しく採点していただく予定です。記述の採点結果は後日追記します。母採点では30/38点は取れていると思うのですが、甘いかな… 汗

追記:7/30更新
夏期講習中に、先生から採点していただいた国語の答案が戻ってきました。その結果、記述は35/38点!トータルでも9割越えと過去最高点となりました。先生からすごいですね!と言ってもらえたと、長男はとても喜んでいました。

国語の読解問題に関しては、ずっとスランプからの6月、7月(記述配点が低めなことはさておき)の流れは良い傾向だと思うので今後も~と期待したいところです。その前にしっかり取り組めよ!って話ですけど。汗

理科・社会

どちらも大きくは乱れず…な結果でよかったです。特に今回の理科は問題に恵まれました。昆虫は好きが高じて点が取れたようです。先生からは昆虫の単元はこの先ないと言われたらしい(長男は残念がっていました… )ので、テキストは大事に保管しておかないといけません。

理社共にテキスト学習をしっかり最後まで終えていないので、夏期講習と並行して取り組めるようにどこかに入れ込むつもりです。

間違った問題はすべてその日のうちに解き直ししました。ということで7月度の実力確認テストは無事に終了。夏期講習までに終えることができてほっとしています。

解答用紙は何部かコピー

今回のテストの解答用紙は、解き直し用にあらかじめ真っ新な状態で何部かコピーしておきました。解答用紙があると解き直しがスムーズに進めやすいので。とは言っても今回のテストの解き直しをするのはまだまだ先、来年の実力テスト前かな。汗


明後日からは夏期講習がスタートします。毎日のテキスト整理&コピー作業、しっかりやらねば。