4年生6月度:実力確認(月例)テストに向けて

「気が付けば」が枕詞になっているような… 月例テストが1週間後に迫ってきております。しかし1ヶ月ってあっという間ですね、ほんと早過ぎです。泣

6月:月例テストの出題範囲

今月も前回同様、通常授業単元4つの範囲となります。今回は翌週の授業までに塾課題をすべて終わらせるように(1週間の学習計画に沿って)日々淡々と取り組んでいるので、テキスト課題が溜まっている状態ではなく。取り組んだことが身に付いているかは別として… ってこれが重要なのですが。苦笑

理科:学習の進め方を変えてみる

「1週間の学習計画」を作成した際に、理科の家庭学習の進め方を今までとは変えてみました。以前は理科の授業の翌日~翌々日に授業内容の復習プリント(裏表)を、それから次の授業日までにテキストの問題をまとめてダダーっと一気に終える感じでした。

4年カリキュラムのスタート時は下記の家庭学習状況に記したとおり、日を分けて数日で取り組んでいた授業テキストですが、少なくともここ2ヶ月はほぼ1日でやっつけ状態となっています。苦笑

家庭学習状況:理科(新4年生)
月例テストも終わり、ほっとひと息する暇もなく通常授業...

理科は唯一宿題の提出があるため、とりあえず全部やらなくちゃ!で授業前日に慌ててすることも多かったのです。さらに理科は後手後手に回ってしまうのがここ最近の傾向になっていて。今こうやって以前の状況を書き出すと、それは点取れないだろ…ですよね。汗

テキスト問題は日を分けて段階的に

長男の「授業内容の復習プリントをまず最初にするより、テキストの問題を解いたあと(内容を理解して)からする方がすんなり入ってくる!」という言葉もあり、さらにテキストを「一気にやっつけ」ではなく日を分けて段階的に取り組むように変更しようと。授業テキストは前から順番に取り組むのではなく、ページをまたぎながら

1日目:基本のまとめ
2日目:かくにん問題
3日目:入試問題
4日目:まとめ問題
5日目:授業内容の復習プリントの裏表

という流れで取り組むように変更しました。理科の先生からは学習の進め方として「授業の翌日に授業内容の復習プリントを!」と言われていたのでそれを守っていたのですが、長男の希望もありテキスト学習後に復習プリントをするように。

ここまで書いて、上記のテキスト学習の進め方は、自塾の皆さんは当たり前にされているのでは…?!普通に考えたらそうだよなぁと。復習プリントをいつするか?の違いなだけで。今さら感ありありですが、恥を忍んで記録しておきます。汗

日を分けて段階的に取り組んだ方が長男も進めやすいようなので、とりあえずはよかったかなぁと。この取り組みがテスト結果に反映されると嬉しいのですが… そんなに甘くはないかな。泣

4月、5月と続けて撃沈している理科。理科は苦手だー!と思わせないように(撃沈続きなのに苦手だと思っていないのが逆にダメなのか。汗)、気持ちが前向きになるサポートをしようと思っています。母も一緒に太陽尽くしで。

他の3教科は?

算数は小数点の位置に注意!国語は知識問題をしっかり取り組もう!社会はテキストの読み直しのみ!で特に何も~な状況です。いいのかな…

算数については小数点の位置間違いや約分のし忘れなど、意外と抜けている部分があるのでその点は要注意です。んん?今回の算数のテスト範囲に特殊算の総合回が入っているので、もしや特殊算もか!と今の今気が付きました。汗 大丈夫だろうか… いや怪しい。要確認です!!