4年生5月度:実力確認(月例)テストに向けて

気が付けば来週に迫った月例テスト。今週の日曜日に「今月の月例テストは来週だよ!」と長男に伝えると「まじ?時間ないね、やらないとねー!!」でお尻に火が付いた感じです。汗

5月:月例テストの出題範囲

通常授業単元4つの範囲なので、4月の春期講習を含む範囲と比較するとずいぶん楽になるはずですが、翌週の授業までに塾課題をすべて1巡できていない状況に陥っております。しかもいつも一番先に取り組む算数が滞り気味になっており。ってことは他の教科はさらに… (以下略)

月例テストに向けての「復習テーマ」

いつもと同じ流れで長男と一緒にテスト範囲を確認し、「各教科の復習テーマを決めよう!」ではなく、今回は「テスト前にとりあえず授業テキスト(塾課題)を1巡しよう!」という話をしまして。もはやテスト対策どころではないですね。苦笑

その結果、復習テストで撃沈

その流れから先週の授業で習った「過不足算」の応用が一切できておらず、今週の復習テストでは基礎プリントは100点でしたが、応用プリントは40点… ちーん。応用プリントの問題を見て手が止まったらしいです。ん~これは確かに難しい。汗

長男自身もかなり危機感?を持ったようで帰宅後「過不足算やばい、ちゃんとやらないとー汗」と。口を開けば「○○やらないと!!」な状況であります。苦笑

算数の特殊算がネック?

今回の月例テスト範囲にもなっている「和差算」「植木算」「つるかめ算」「過不足算」と、ナントカ算=特殊算が続いています。

特殊算に関しては4年生の新単元で今回ゼロから学んでいるわけだし、今の時点では基礎ができているならそれで十分!とも思うのですが… テスト前に『これはナニ算なのか?』を一緒に確認していこうと思っています。テストには「ナニ算」とは明記されてないですし、その辺理解しているのかも含め確認しようかと。

塾課題よりも優先順位が高いもの

塾課題の算数は普段ならどの教科よりも先に取り組むのに、今回は進みが悪くなんでだろうと。今日勉強した分!として毎日母デスクに置かれているものも少なく、んん?と思い長男デスク棚に置かれていたクリアファイルの中身を見てみたら…

ジュニア算数の過去問プリントがどさっと。これ解いてたんかーい!

「解きだしたら面白くて、文章題よりこっちをやってた!えへへ。」

母、言いたいことがありすぎて逆に黙る。えへへって言われましても。丸付けしてみたら案外正解してるのでさらに何も言えず。苦笑

とりあえず今は特殊算、がんばりましょう…

スタディサプリをお試し導入

巷で噂のスタディサプリ、「一体どんなもの?」「苦手な単元克服に利用できるのかな?」と以前から気になっていました。

【公式】スタディサプリ小学講座|短時間で、ギュッと。
スタディサプリ小学講座(旧:勉強サプリ)は、小学4~6年生の勉強をすべて網羅した講座です。一流の先生の授業と一問一答方式のドリルで効果的な苦手克服を実現。すべての機能を、塾や通信教育を圧倒的に下回る料金でご提供します。

2週間の無料期間があるので早速使ってみることに。長男の反応は…?!