ジュニア算数オリンピックの申し込み(4年生)

春期講習が終わったと思ったら、息つく暇もなく通常授業に戻りました。毎日のプリント整理から逃れられてよかった… とほっとしている春休み終盤。4教科の復習(国語は漢字)テストはあるけど、季節講習より通常の方が楽ですね。親としては。苦笑

この土日で駆け足すぎた春期講習の復習をまとめてしよう~!と思ったものの、土日共に試合があるんだった… しかも日曜日は朝7時前集合で終日。まぁしょうがない、なんとかなるさ~

ジュニア算数オリンピック、手応えは?

勢いあまって締切直前に申し込み、3年生で初チャレンジしたキッズBEE。そして今年は4年生でジュニア算数オリンピックにチャレンジしよう!ということで、今回は早めに申し込みしました。

2019年知の祭典 算数オリンピック大会
算数オリンピック大会公式特設サイトです。

過去問はトライアルの平成18年度から始めてまだ16年度の途中ですが、すんなり解ける問題もあればかなり手強い問題もあり、半分は取れているかなぁ~な感じで「まったく歯が立たない状況ではない」という点に少し救われています。笑

算数オリンピック:ショッピングサイトより

算オリ過去問題集を裁断しデータ化する
クリスマスに裁断した話しをするのも…ですが。笑 ...

算数の授業テキスト「これは解かねば!」

自塾の算数の授業テキストに算数オリンピックに通ずる、一捻り二捻りするような難度高めの問題が出題されることがあり、また春期講習内(推理や場合の数の単元)でも明日への算数の類似問題がいくつか出題されていました。

算数オリンピック:ショッピングサイトより

授業内でその類の問題が出題されるたびに帰宅後自ら授業テキストを取り出し「ママ見てこの問題!見たことあるよね?先生から“この問題はやらなくてもいいよ”って言われたけど、これはしっかりやらないとね!」「もう授業中に解いたよ!」等々、張り切って報告してくる長男。

春期講習最終回の授業テキストの中に(6回分のまとめ問題)、ちょうどその日の朝に取り組んだ明日への算数の類似問題が出ていたようで「先生の解説を聞いて解き方のコツがわかったよ。だからなるほど!って繋がったしタイミングよかった~!」と言っていました。

母にはまるっきり分からない(理解できない)思考ですが、「その類」が好きなようです。好きというより「あ、これ解ける!解いてみたい!」と思うようで。難関中の入試問題にも通ずるものがあると思う(あくまでも中受ど素人母が今年の入試問題を眺めて思っただけです。汗)ので、「この類苦手~!」と避けるよりは良い傾向だなと。笑

チャレンジャーとして気負わず、ぼちぼち進めていきたいと思っています。