朝学習始めました!(新4年生)

朝が弱い長男、「お腹空いたー!」と自ら元気に起きてきていた保育園時代が懐かしく思い出されますが、小学校に入学してからは日に日に夜型に。1~2年生の頃は学校を終えてから宿題(もしくは学童で済ます)をして習い事へ~もありましたが、3年生なってからは徐々に時限も増え、6時間目を終えて帰宅するとのんびりする暇もなく習い事や塾へ行く生活となり。

帰宅後にお風呂と食事を済ませてから学校+塾の宿題に取り掛かり、終わった~!で録画していたテレビを見る日々。毎夜22時になったら「早く寝ないとー」と声掛け始めて「おやすみ~!」と部屋に行くのは22時15分、寝付くのは22時半くらいでしょうか。汗

毎朝の起床は7時。起こしても起きないことはなく1回の声掛けで起きてきますが、目をつぶったまま朝ご飯… 半分寝ている状態ですね。苦笑 着替えてEテレ(次男が見ているのでもれなく一緒に)を見ている間に目覚めるのか、登校時間よりも前に学校到着を目指して毎日早めに自宅を出ます。朝の友だちとの集いが楽しいようで少しでも早く行きたいらしいです…

とこんな感じの長男の日常、通塾を開始した頃から朝学習は母の頭にあり「できるといいよな~」とは思っていましたが、日々のやるべきことは頑張って取り組んでいるし、その後のお楽しみタイムを削って「早く寝なさいっ、朝早く起きて勉強しなさいっ!」と言うのもなぁと。それを言う以前に「長男は朝早く起きれないでしょ?」というのが夫婦の見解でした。汗

夜学習だけでは塾課題が回らない!

「夜寝るのが遅い=朝が弱い」がすっかりでき上がってしまっている長男。新4年生の授業が始まり3週目が過ぎた現在までは夜学習のみでまぁなんとかこなせているのですが、それは予定の入っていない週末の午前中に塾課題をまとめて取り組めたから。今週末からはサッカーの試合がぽつぽつと入ってきており、今後は週末にまとめてーができなくなります。

さーてどうしようか、今の状況だと厳しくなるね… と長男に朝学習を提案したところ「うん、そうする。明日6時に起こして!」と意外にも?すんなり。3月から始まる公式戦のことや、テレビの時間を確保するには…と考えたようです。笑

朝学習開始、まずは30分から

「6時に起こしてね~!」と言われたものの、その日に寝たのは22時過ぎ。とりあえずは30分だけでも~と初日は6時半に起こし、6時45分から朝学開始。15分のロス、これは想定内。笑 まだまだ朝学慣らし期間中なので、長男が苦としていない算数(塾課題の復習、計算、図形プリント)から始めて漢字も取り組みました。

2日目も30分、3~4日目は45分と慣らしていき、5日目の今朝は「なんかスムーズに進む~!」と言いながら1時間15分くらい朝学していました。角度の問題を質問され「どれどれ、んーこれは難度高いね。(母に解けるのか…汗)」「でしょー?」と一緒に難問に取り組んでいたら、思っていた以上に時間が掛かり朝の支度がバタバタになってしまいましたが。

早速感じた朝学習の効果

朝早起きした分、学校で授業中に眠たくなって虚ろ虚ろでは本末転倒。長男には常々「塾より学校が最優先!」と伝えているだけに気になる点でした。始めて早々に確認したところ「全然眠たくないよ、逆にいつもより頭が冴えてるんだよね!なんかすっきりしてるっていうか。すごく調子もいいよ!」といきなり効果テキメンな発言。逆にって今までは大丈夫だったのか…?と思ったほどです。苦笑

これまでの夜学習のみの場合、通塾日となる2日間は日々の課題としている必要最小限の学習+学校の宿題しか取り組めていませんでした。つまり通塾日以外の学習量が増え、さらに週末もしっかりこなさないと!な状況だったのです。

基本となる1日の学習量は変えていませんので「朝学習している分、夜の学習量が少なくなる」となり、長男自身も早く終えられることが嬉しいようです。通塾日も朝にしっかり学習していることから、週末への溜めも少なく1週間の学習バランスがよくなった感じです。また1週間の学習計画も立てやすくなりました。

朝学効果で就寝時間が早くなった!

朝が早くなった分、以前より早く眠たくなるようで就寝は21時半に。声掛けたらダラダラすることもなくすぐに歯磨きして「おやすみー!」と部屋に行き即zzz… 以前からは考えられない状況です。今の通塾&習い事スケジュールを考えると21時半以前の就寝は厳しく、21時半就寝がベストかな~と。

母にとっては長男が22時前に寝るようになった!これが朝学習一番の効果です。睡眠時間自体は変わっていないし、理想の睡眠時間には足りていませんが…汗

朝学習を習慣化させるために

朝学習始めました!と言ってもまだ5日目。土日も変わらず…と思い聞いたら、いつも通り起こして!と言っていましたが。起きられるかなぁ。

5日間の朝学の様子を見ていると『母が一緒に取り組んでくれている』『自分の様子を見届けてくれている』という点が朝勉の原動力?(大げさですが)になっているような気がします。学校から帰宅後に自習はしていますが、朝学をひとりで…は無理かなぁと。

母が真横に座ってじっくり勉強を見ているわけでもなく、前夜からの家事残務をこなしながらリビング~キッチンを忙しなく動き回っている合間に「どう、進んでる~?」と声掛けする程度で、一緒に取り組んでいるというより同じ空間にいるだけなのですが。

母が都合のいいように解釈しているだけで長男はなーんとも!かもしれませんけど。今朝も朝学中に学校のことで声掛けしたら「ちょっと待って、今集中してるから!」と遮られましたし…って母何やってんの?ですね。「次男に邪魔されないから勉強が進むね~!」と言っておきながら、母が邪魔してるという。笑

今まではできなかったことをやり始めたのですから、その姿勢を褒めつつまずは習慣化するように(上手に)サポートしていきたいと思っています。続編で「朝学習の進捗状況」が投稿できることを願って。