早稲アカデミー「冬期学力診断テスト」の振り返り(3年生)

前回の投稿後、問題を確認してざっくりと振り返ってみました。げきちん〜!と聞いてそのままにしておくのもなぁ…撃沈度合いを見ておこうか!と。テスト後、長男が時間オーバーで手が付けられなかった算数の最後の問題(大問5)について「絶対に解けたのに…。」と悔しがっていたので、それも気になりまして。苦笑

ざっくりな自己採点で算数は8割、国語は7割+記述な感じです。

算数ずたぼろ〜!とも言っていましたが、8割取れているのだから全然撃沈じゃないよ、よく解けたね!と伝えました。大問5の並んだ空欄を見ると確かに「げきちん〜!」だと思うかと。笑

翌日自ら「解いてみる!」と言い、大問5を解いたところすべて正解。配点16点を落としたのはもったいなかったけど、時間配分ができていないのも今の実力なのだからしょうがないね!とも話しました。

国語も2つめの記述途中で時間オーバーだったので、その記述自体に点を付けてもらえるのか?ですが。汗

保護者用資料が素晴らしい!

解答解説冊子とは別に頂いた、今回のテストのねらいとポイントをまとめた保護者用資料が秀逸で、かなり読み応えのある内容です。

算数国語共にすべての問題のねらい、例題として実際の入試問題の改題・解法・解答が、国語には類題まで掲載されています。しっかり読んで今後に活かさねば…ですね。