早稲アカ 2018秋フェス「開成中学・高等学校進学講演会」1

各学校長のお話を直接伺うことができるという早稲田アカデミー秋フェス「有名中学校 進学講演会」、早々に申し込んでいた「開成中学・高等学校進学講演会」に行ってきました。今だからこそ行ける!の講演会シリーズです。笑

【早稲アカ】2019秋フェス
小学生~高校生 生徒・保護者様対象「2019秋フェス」のお知らせです。

午前休を取り一橋大学一橋講堂まで。神保町から徒歩で5分内、講堂の椅子もゆったりと座り心地よくメモ台付きなのがGood!笑 到着したのが受付開始直後だったので前方列に着席。やはり登壇者のお顔がはっきりと見える席がいいですね。目が悪いので…汗

講演プログラム

  • 10:00 ~ 10:20 
    「開成高合格に必要な力」(早稲田アカデミー開成必勝クラス担当者)
  • 10:30 ~ 10:50 
    「開成中合格に必要な力」(早稲田アカデミーNN開成クラス担当者)
  • 10:50 ~ 11:40 
    「未知の社会で生き抜く力を養う」(開成学園 柳沢幸雄校長)
  • 11:40 ~ 12:00 
    柳沢校長先生と早稲田アカデミー講師を交えた質疑応答

開成中学主催の学校説明会は5年生からしか参加できないので、柳沢校長先生のお話を伺える今回ような機会は大変貴重です。

開成高校、合格に必要な力

まずは早稲アカ西日暮里校の竹中校長(開成高校対策責任者)が登壇。以下、走り書きメモから抜粋。

  • 私立大学の定員厳格化により一般入試の志願者は増加しているが合格者が減少している。難関大学は特に難化傾向。
  • 高校入試を目指す場合は、先を見越して理社含めた5教科をバランスよく取り組むこと。
  • 同じ学力で合否を分ける、その差はズバリ記述力。数学も記述力で勝負。
  • 数学の実力を決める3つの力、知識力・作業力・思考力。その土台となるのは高いメンタリティ。高3では厳しいが、小6・中3ではまだ養える。高い志を持てるという意味で。
  • 開成入試まであと87日、今やるべきことは?
    →良問を良い環境で取り組む、ライバルがいることがとても大きい。
    →得点力を高める。
    →「全科目満遍なく」より高めるべき科目に力点を置く。英語と数学で差がつくため。

後半は開成必勝クラスのご案内でした。必勝5科コース、個別ゼミ、集中特訓など、様々な講座が入試直前まで用意されているようです。高校受験の開成含む難関校合格率は圧倒的だ!と声を大にしておっしゃっていました。

開成中学、合格に必要な力

続いて早稲アカNN開成総責任者の相澤先生(成城学園前校の校長?と言われたような…)が登壇。軽快な語り口でテンポよくお話されるので、こちらも思わず前のめり姿勢に。笑

開成中の入試について
  • 約1200人が受験して約400人(3人に1人)が合格。ちなみに筑駒は5~6人に1人。
  • 従来は2/11の招集日以降に繰り上げ合格の連絡をしていたが、柳沢校長先生のご意向で前倒しで連絡するようになった。繰り上げ合格は50人程度、合格者との得点差は2点。文章最後の「。」の付け忘れで1点マイナスとか。
  • 字が丁寧な方が有利。字が汚いと採点者が時間を掛けて読み返さないといけないため、実際に得点が低くなることもあるとか。
  • 灘遠征、昨年早稲アカからは70名。開成(筑駒)を狙うなら灘の算数受験は意味がある、実際に灘合格者の開成合格率は86%と高い。

なんとなく流れでメモしましたが、灘遠征とかなんだか遠い世界のような…汗

開成中に合格するために(小1・小2)

この項目があるってことは低学年保護者も多く参加しているってことですよね、安心しました。笑

チャレンジテストなどの到達度テストでは「原石探しをしているようなもの。」ときっぱり。テストが7割の結果でも「この問題解けなかった!」と悔しがって泣く子の方が上にいく。

開成中に合格するために(小3・小4・小5)
  • 小3-ルーティン化、小4-自己ベスト、小5-ライバル意識
  • 思考型か反復型か、その子に応じた見極めが大事。思考型の子に反復問題ばかりさせるのは酷、その逆も。
開成中に合格するために(小6)
  • 偏差値より順位!
  • 所見の問題に多く触れること。
  • 過去問は5年解けば大丈夫。

高校受験と同じくこちらもNN開成クラス、そっくりテストゼミの案内など。マンスリーテストが終わった直後にNN開成の問い合わせが増える、NN開成では10人に1人が逆転勝ちでの合格、とも。

NNやSSのついた冠講座にご縁がありますように… 自塾にも立派な対策講座や模試がありますが。笑


柳沢校長先生の講演内容、その後の質疑応答については別の記事にしたいと思います。

柳沢校長先生のお話に影響され、帰宅後、長男をたくさん褒めました。笑笑