国語をなんとかしたい!まずは「音読」から(3年生)

これまでのテスト結果でとにかく国語を何とかしたい!という思いがあり。とは言っても何をすれば…?で仕事の合間に書店で問題集類をあれこれ比較しながら吟味するも、これ!と言ったものがなく。そもそも記述力の強化、物語文を読み解く力を付けるには問題集を解けばいいわけでもないし、とりあえず今すぐにできることとして基本中の基本である『音読』をしっかりやっていこう!ってことに。

音読は学校の宿題で毎日行っていますが、「読んだ~?」「読んだー!」な状況でしっかりと向き合って聞いていない状況。漢字を苦手としていないことも幸いし、文章自体はつっかえずにスラスラ読めるので正直なところ軽視している(いた)と言いますか。汗 今さらながらにこれじゃいかん!ということで、音読強化プランを立てました。

音読強化プラン

塾テキストの音読を毎日する

現状、通塾日の夜にその日の授業で習った物語文を音読しています。「今回も良い話でしょ?」「そうだね、良いお話だったね。」が決まり文句になっていますが、軽く感想を言い合ったりして当日はおしまい。物語冊子は後日授業テキストの(物語の)まとめ問題を解く際に使用した後、ファイルボックスの中にそのままストックされている状態…

良質な物語文を冊子で毎週提供していただいているのに、まったく活かせていない状況なのです。1回の音読+αだけではもったいない!前から薄々気が付いてはいたのですが。苦笑 ということで、毎日音読することにしました。それを母は家事をしながらでも耳を傾けてしっかり聞く!長男が喜んで音読をするのは、母の聞く姿勢次第だと明確にわかっているので。

解説を読み物語全体を把握する(母が)

毎週授業テキスト・物語冊子と一緒に、保護者向けの解説と解答を頂いています。その解説が逸品!毎回物語文の内容解説が詳細に書かれており、家庭学習のヒントもたくさん与えられています。現状、通塾日の翌日~長男が国語の授業テキストに取りかかる日までにはしっかり読むようにしています。

こちらも良質な解説書を1回読み+答え合わせをした後はすぐにストックしているので、毎日の音読後の声掛けに活用していくつもりです。

物語について一緒に話す

解説を活かすために音読後は、長男と内容を話して一緒に理解を深めたいと思っています。すでに授業で習った&聞いているであろうことですが、復習の位置付けで。まずは「どんなお話なのか簡単にまとめて教えて!」から。長男が話すと毎回長いのですよ…汗 「物語背景」「登場人物」「出来事」「心情の把握」等々まで話せるのが理想ですが。遠い目

同時に理解できていないであろう物語文に出てくる「言葉・語彙」についても、母解説を入れて確認していきたいと思っています。母解説では頼りないので、長男がいつも頼りにしている辞書を使って自分で調べる!こっちの方がいいかな。


以上、強化プランと言う割には…な内容ですが。汗 まずは音読から!しっかり取り組んでいこうと思っています。