「小学生100冊読書日記」を購入するも…(3年生)

「夏休み中に、たくさんの本を読ませたい!」という思いがあり、公文のすいせん図書を参考に(実際に公文の問題を解きながら長男自身が興味を持った本が何冊かあるので)選ぼう!と図書一覧表をダウンロード。

くもんのすいせん図書: 読書と読み聞かせのすすめ | 公文教育研究会
「くもんのすいせん図書」をご紹介します。...

ただ一緒に図書館に行って長男に選ばせるとどうしても趣味方向に偏るので、様々なジャンルから厳選してまとめたものがあれば…と思っていたときに見つけたのがこちら。

国語教育が世界で注目されている、フィンランドの小学生が使っている「読書日記」を参考にして、日本の小学生も楽しみながら、読書ができるようにつくったものです。この「読書日記」は、表紙シールを貼り付けるとともに、一言感想を書くようになっています。感じたことをかんたんに書いて、シールを貼る。本を読むたびに日記にシールが増えて…。読書の習慣が自然に身についていくことを考えた、画期的な「読書日記」です。

母の思惑どおりすぎる!!

この「小学生100冊読書日記」には、国内外の物語から科学系まで様々なジャンルの良書が100冊厳選されており、まさに母が望んでいた構成なのです。その中の好きな本から読み進め、読んだら本の表紙シールを貼っていくという仕組み。一言感想文を書く欄もありますが、本当に一言くらいのスペースなので、まったく苦痛にはならないかと。笑

シールを貼ることで、1冊ずつクリアしていく達成感も味わえてなかなか良いのでは?と思います。

「このシステムに長男はまんまとはまって、次はこれ!その次はこれ!と面白いように読み進めるだろう。ついでに夏休みの宿題の読書記録も書けるし一石二鳥!この中から読書感想文を書きたいと思える本を選べればいいかな、まぁそこは長男にお任せで…。しかも100冊の中には自宅にある幼児本も含まれるから、この類は次男に読み聞かせしてもらえばいい。母の役割もしてもらえてかなり助かるわ~ よーし決めた!」

という母の思いだけで、ポチッと。早速届いた読書日記を持って長男といざ図書館へー!

長男の読みたい本に限って「所蔵」なし

が、しかし。

事前に100冊読書日記から長男がピックアップしていた読んでみたい本を探すも、また窓口で確認しても「当館には所蔵なし」がほとんどで要予約となり、ピックアップ本すべて借りることができず。汗

すると長男「ないならしょうがないね~ んじゃ自分の借りたい本を探すよ!」とあっさり。この状況で「もういいや~」とならないのが長男の良いところ。笑 が、その時点で母が小脇に抱えていた100冊読書日記本の存在が消えてしまい…泣

しかも長男が選んだ本が、意外にもジャンル様々で。さらに「えっ、これは読めないでしょ?」というようなぶ集めの小説を選んでくるので問うと「学校で読んでたよ。この続きが読みたくて。」とクールに。あまり時間も掛けずに10冊選んできたので、小脇本はますます必要なくなりバッグに仕舞うはめに。泣泣

意外だった?!長男が選んだ本の一部をご紹介

キリストに二宮金次郎…笑 「とりあえず知っておこうと思って。」と。

鹿の王、こんなに話題作なのに… 母はまだ未読で内容さえ知らず。長男不在のうちに読んでおこう。汗

『鹿の王』上橋菜穂子(うえはし なほこ)| KADOKAWA
上橋菜穂子『鹿の王』『鹿の王 水底の橋』特設サイト。2015年本屋大賞第1位! 第4回日本医療小説大賞受賞作品。『鹿の王 水底の橋』『鹿の王』上・生き残った者 下・還って行く者の無料試し読み・内容紹介・著者からのメッセージほか最新情報をお届けします。

読書感想文も完成!

昨日デスクをちらりと見たら、夏休みの宿題となる「読書の記録」と今回借りた本の中から「読書感想文」を書いていました。鹿の王とどちらにするか迷って別の本にしたようですが、鹿の王同等の長編作です。テキトーに流し読みしてるのでは~?と疑っていたのですが、感想を読む限りしっかり読んでいたみたい。汗

今回、学校での図書の時間以外にも図書室や教室にある本を色々と読んでいることが判明。つまり学校から戻ってきた読書の記録用紙には書いてないものも多いらしく… 母は知らなかったよ。学校の読書の薦め習慣さまさまです。

「今回借りた本を返してまた借りる時に、この中(100冊読書日記)から選ぼっ♪」と長男。その優しさに母さん胸熱…いろいろ疑っててごめん。泣

夏休みの読書、目標20冊!※コミック以外。次の貸し出しは、図書館サイトから予約システムを利用して、100冊読書日記掲載本を借りる予定です。


★★★★☆ 続編に期待!
2018年7月24日
Amazonで購入

100冊読書日記、コンセプトもとても良いのですが、出版が2006年7月なのでもう12年前… 新・100冊読書日記の創刊、続編に期待しています!

※勝手にカスタマーレビュー

次男用の読書日記

図書館では幼児本の方が所蔵あって借りやすいかと!同シリーズで未就学児対象の読書日記もあるので、これは次男用に。

4歳から小学生対象の読書日記もあります。