夏休みの過ごし方:宿題&学習編(3年生)

お天気に恵まれた三連休も終わり、夏休みまで残り数日となりました。この時点ですでに兄弟は真っ黒に日焼けしています。笑

「早く夏休みにならないかな~」と毎日のように言っている長男。「何が楽しみなの?」と聞くと、「そりゃ~○○と△△でしょ?初めてだからねー!!」と夫と行く「男旅」の初チャレンジとなる体験ふたつをかなり楽しみにしているようです。

学校:夏休みの宿題

  1. 毎日のドリル(国語と算数が1冊になったもの)
  2. 1行日記
  3. 読書感想文2つ
  4. 読書の記録
  5. 自由研究

保護者会で伝えられたのは上記の5つです。2年生のときは絵日記2つ、植物の観察記録2枚でしたが、3年生は毎日の1行日記、読書感想文2つになっています。

そして3年生からは、夏休みの宿題と言えば!の自由研究が追加になりました。自由というだけに絵でも工作でも調べたことをまとめるのでも何でもいいので、毎日継続する観察記録などにしなければ…笑 題材によってはさくっと終わらせられそうです。

長男は夫と話してすでに自由研究の題材を決めているよう。男旅の行程の中で調査?実験?をして帰宅後にまとめるとか。長男は絵を描くことが大好きなので「絵画がいいのでは~」と思っていたのですが、母のアドバイスの必要もないかな。笑

学校の宿題について長男は「ドリルと読書感想文は2~3日、いや夏休みに入った週末で一気に終わらせる。1行日記は毎日だけどそんなにメンドウでもないし、読書の記録もさくっと読んで書く。」と。読書はさくっとではなくしっかり読みなさいよ…汗

確か昨年もドリル類は即行で終わらせていたような。「友だちもみんなそうしてるから大丈夫!」らしいですが。とにかく一刻でも早く終わらせて、遊ぶ時間の確保に余念がないようです。

塾:夏期講習の課題

長男よ、学校の宿題はさくっと終わらせても、夏期講習の課題があるのだよ。笑

  1. 基礎ドリル冊子(毎月配布される日付が入った家庭学習用教材)
  2. 夏期講習テキストの残りページ
  3. 国語の記述問題

上記の3点が塾の宿題となります。(※1と2に関しては提出する必要はないので、やるかやらないかはご家庭次第です。)

季節講習のテキストは、通常のテキストより内容が濃くページ数も多いのは春期講習で学びましたが、夏期講習も同じくボリューム増だそうです。なるべく授業中にやってきてほしいですねぇ。笑

先日の保護者会でも「通常週一のテキストは次回の授業までにこなせばいい(やるやらないは別として)ですが、夏期講習の期間中は毎日ボリュームのあるテキストが配布されるので、それを翌日までにやれってのはムリな話です。夏期講習のテキストは夏休み期間中にやり終えることを目標として進めてもらえればちょうどいいと思います。」とおっしゃっていました。

なるほど~と思いましたが、その配分調整をするのは親の役目ですね。苦笑

毎日の自習時間は夏期講習のテキストがメインとなるので、配分を考えながら付箋チェックをしたいと思っています。

いつものこれで。笑

余裕があればの学習教材

講師の方から言われたとおり「夏期講習のテキストは、夏休み中に終わらせることを目途に」を念頭に、決して無理のない範囲で進めていきたいと思っていますが、余裕があれば自宅にあるこちらを。残りページからして、もしかして夏休み前には終わってしまうかも…

10月の検定取得に向けて買ったものの、まだ一切手を付けていないこちらも。

3年生の漢字(8級)プリントのストックがなくなってから~と思っていたら、検定日まであと約3ヶ月に。そろそろ始めないと!ですね。

色々と並べましたが、夏休み中も「学習習慣の継続」ができるよう計画的に進めていきたいと思っています。