初めての実力テスト:3年生4月

今週、通塾開始してから初めての実力テストがありました。この前期実力テストは算国2教科各30分ずつを通常の授業内に行ったそうです。当日の朝は「今日はテストだから、始まる時間がいつもと違うからね!」と時間だけ伝えて家を出ましたが、集合時間の15分前にキッズ携帯から「いまついたよ。」と届いて安心しました。

今回は『範囲の決まっていない実力テスト』とのことでしたが、そもそもその範囲ってのは「2月からの授業テキストの中(その応用も含め)から出るわけじゃないよー」ってことなのか?「授業テキスト内から出るけど、出題範囲は決まってないよ!」ってことなのか…はて?な感じでしたが、今回持ち帰ってきたテスト問題用紙を見てはっきりと確認できました。範囲の決まっていない実力テスト=授業テキストとかまったく関係なし!ってことが。特に算数、難度高~!です。←長男にとっては。苦笑

 長男のテスト所感と答え合わせ

帰宅後、母の顔を見るなり「ただいま~!テスト、国語はばっちり!」とニヤリした長男。国語って… 算数は…?って聞くのをためらうじゃないか。と思いつつも、もちろんすかさず「算数は?」と聞いたところ「最後の3問かな、難しかったから解けなかった~」と。「あら、そう…」(心の中では「3問?!まじかよーっ!!」)とすぐにテスト問題を開きたかったけど、帰宅後のドタバタが落ち着いた頃にゆっくりと開いて確認。

まずは「カンペキにできた!」という国語から。選択肢で2問のミスが判明し、脆くも満点の夢が消え去ることに。問題用紙に解答を書いていないので、すべて長男に聞く限りですが漢字の読み書きや語彙問題はできているよう。長文の記述に関してもまぁ書けているっぽい…です。配点次第でしょうか。

そして算数。自己申告どおり最後の大問3つのうち小問1つ以外はすべて白紙… どれも挑んだ形跡が見えるも解けなかったよう。母が「この3問で合計32点だからこの1問書けていたとして30点のマイナスか…」とつぶやいたら、長男「んじゃ70点かぁ~」と能天気に。「他の問題がすべてあってい・た・ら!だけどね~」とイヤミな母。笑

テストはいつものクラス毎ではなく、名前の50音順に部屋分けされて行われたそう。テスト後は同じクラスの何人かで集まって答え合わせしたようで。「みんな難しかった~って言ってたよ。ぼくと同じくみんなできてなかったから、ちょっと安心した。笑」と。できてないのが良いのか悪いのか… けどその気持ち母にもわからないこともない。笑

国語と同じく問題用紙に書き込んでいないところもあり、そこは間違いなく○○って書いたよ!と聞いただけでは… なので結果が出るのを潔く待つことにしましょう。

テスト結果の掲載について

タイトル付けてわざわざ書くことでもないのですが… 汗

今まで2年生11月から受けてきた外部テスト&入塾テストなどの結果は、得点や順位、偏差値などのテストで得た情報はすべて詳細に記録してきました。ブログを初めて4ヶ月くらいはアクセスもなく(さすがWP…笑)ブログタイトルどおりの備忘録だったのですが、その後アクセスも徐々に増えてきた頃から「優秀児ブログでもないのに全部さらけ出すのはなぁ…」などと思うところがあり、その類の記事は後からパスワード保護に変えたという経緯があります。

同じ学年で同じように中学受験に向かってらっしゃる方々の情報はやはり気になるし、私自身も実際に検索したり同じ立場の方のブログをブックマークして拝見させてもらったりしています。もう少し時間の余裕が出てきたらコメント欄を付けて同じ立場の方々と交流したいなぁ~とも思ったり。

ブログを拝見してて、一番知り得たい情報ががっつりガードされていたら残念だしな~ 実際そう思うことあるし。笑笑

というわけで…今後については、テスト結果だけがっつりパスワード保護するってのは止めにして、軽くぼかす感じで立ち位置掲載していこうと思っています。結果が良い悪い関係なく『中学受験に向けてがんばってる長男』の記録を残していきたいと思っています。

塾に関しても大規模塾ではなく(今のところはまだ)小規模塾な位置付けなので、はっきりとは書いていませんが、今と同じくわかる人にはわかる書き方をしていきたいと思っていますので… その辺に関しても生温かく見守っていただけたら有り難いです。笑