算数の習熟度別クラス(3年生)

算数の習熟度別指導が始まる

長男の通う公立小学校では3年生から算数の授業が「習熟度別」に通常のクラス+2クラスに分けて行われます。授業を進めて様子を見ていきながら習熟度別指導に切り替わっていくのかと思いきや、早々に担任の先生からクラス発表があり、その日からゾロゾロ教室移動して初回の算数の授業を受けたらしく。長男は「3年になってすぐに算数の小テストがあったからそれで分けたのかな?」と言っていましたが、今後単元毎に小テストを行ってその都度クラス替えをするのでしょうか。

ひとつ上の学年のママさんからは「習熟度別って言っても結構緩いよ~ 子どもたちの希望(アンケートを書かせて)を聞いてそのクラスに入れたりとか『〇〇先生のクラスで受けたい!』って言えばある程度叶ったりするみたいだし。」と聞いていたので、習熟度別って言うほどでも~と思い込んでいたのですが、希望クラスのアンケートもなく今のところしっかり分けられているよう。クラス名も付いているとかで、その代や担任の先生によって指導法も違うのでしょうね。とは言ってもまだ始まったばかりなので、今後どうなっていくのかわかりませんが。

長男のクラスは…?!

担任の先生からは「友だちのクラスは気にしないように!」と言われたそう。いや気になりますよね。笑 長男も当初「同じ組の仲良しくんが何クラスなのかわからない、一緒のクラスじゃなかったし。」と自分がどのレベルのクラスにいるのか?もわかっていませんでしたが、日に日に「ぼくのいるA組は〇〇クラスって言うんだって!」「〇〇クラスは2つあって、仲良しくんはB組でぼくと同じ〇〇クラスだった!」と判ってきたようで安心していました。笑

その点以外は長男もクラス分けについて特に気にしていないようなので、算数クラスについては今後こちらからは聞かないようにしたいと思います。きっとその方がいいよね…