通塾2日目、初の社会(新3年生)

通塾2週目、先週と同じく余裕を持って到着したようです。塾には学校は違うけど保育園時代の友だちが1人いるのですが、学校の同級生はいないそう。これまでに受けたテストでは大概どこでも同じ学校や他校の友だちがいたので、いるものと母は思い込んでいたのですが意外でした。長男情報だと、サピックスや日能研に通塾しているお子さんは何人かいるようです。

2回目にしてすでに同じクラスの子と友だちになったらしいです。今回も授業開始時間の30分前には着いていたそうで、その時間に色々お話ししたと。持参した本を一緒に読んだとも話していました。

社会

今週は初めての社会の授業がありました。長男好みの楽しい単元だったようで、「社会、おもしろかったよ~」と授業内容をいろいろと教えてくれました。地理は得意らしい(自称)ので、今後も楽しみながら知識を得てほしいです。

そして「社会の先生が1番おもしろい〜!」と。みんなを笑わせて盛り上げてくれたりして、すごくよかった〜と嬉しそうに言っていました。

理科と同じく授業テキスト(B4テキスト、ホチキス留め)は家庭で授業の振り返りをする問題があり、提出するものはないようです。

理科社会については、3年生のうちは学校と塾の授業、塾の授業テキストの振り返りをするだけでいいかなぁ~と思っています。苦手な単元が出てくれば何かで補充しないと…ですが。年に何回かある実力テストは算数国語の2教科のみ(4年生から4教科)なので、気楽に進められたらいいなぁと思っています。

初回のテキスト課題と宿題

初回の課題(算数:テキスト裏面問題すべて、計算プリント裏面。国語:振り返り問題と漢字、提出課題の記述問題。理科:テキスト裏面問題すべて。)は予定通り3日間で終えることができました。国語テキストの「家庭学習の進め方」には、できる限りするページと可能ならばする(応用)ページが明記されていましたが、とりあえずすべてやり終えました。

理科テキストの最終ページには入試問題が掲載されている(毎回そうらしい)のですが、今回は長男が好きな生物問題だっただけに「やってみたい!」とのことでチャレンジ。1問目は即答で正解。2問目はグラフの読み取りだったのですが、4択のうち2択までしぼれたもののどっちかで迷い母と一緒に解くことに。母の導きで正解はしましたが、それはなぜか?の説明に解説書があってよかったです。ないと困る。笑

算数は表面と裏面がまったく同じ問題なので(2週とも表面をすべて授業でやって丸付けもされていたので、表をめくれば答えがまるわかり)この仕組みに気が付けば(って普通に気が付くよね。笑)ずるしちゃうよね~なんて思いましたが、長男は「あ~これ授業でやったやった~!」と言いながら真面目に取り組んでいました。もしや気が付いてないのか…? けど「表裏まったく同じ問題だからね~」とは言い出せず… ま、これも時間の問題か。

しかし表に答えがあるプリントを自習として復習させにくいなぁ、今後はどうするべきか。わざわざコピーするのもなんだしな… 今後授業内容が難しくなるにつれて表面も手付かずな問題が出てくるだろうし、自宅で教えるのは厳しくなるなぁ… まだ3年生のうちならなんとかなるだろうけどー とかいろいろ考える母。

国語の提出課題の記述に関しては、もう少し深く(文字数多く)書いてほしいなぁとも思いましたが、「よく書けてるね!」と褒めておきました。毎回添削して頂くことで記述面も鍛えられるだろうと信じることにします。笑

2回目の国語の物語文も帰宅後すぐに音読してくれました。今回もほっこりするような良いお話で、登場人物の気持ちを長男と一緒に考えたりしてみました。家庭での学習の進め方に沿ってお手本どおりに… 笑 塾帰宅後の音読、習慣になりそうです。