早稲田アカデミー 小2基礎力診断テスト:2月

先月早稲アカからテストの案内ハガキが届き、長男とも「サッカーの練習がお休みになったら受けようか~」と話していたのですが、2日前に中止の連絡が入ったので急遽電話予約して受けることにしました。「テスト予約したよ!」と伝えると、「なんかテスト受けるの久しぶり~」と長男。昨年10月くらいから月2ペースで各種テストを受けていたせいか、少し間が空いただけでこの感覚。なんだか申し訳ないような… けど嫌がってないし、やる気あるっぽいからいっか。笑

テスト中は前回の「冬のチャレンジテスト」同様保護者会もありましたが、今回は遠慮してテスト後の解説授業だけ参加させていただきました。40分間の解説授業では、算数のテスト内容を振り返り、ほぼ全員ができてなかったという問題やさらにその応用問題を出して解かせたりと充実の内容でした。長男自身も解けなかったという2問も、母の(グダグダな)解説でなく、プロの講師の方に分かりやすく解説していただきしっかり理解できたようで、この解説授業は早稲アカテストの魅力だなぁと改めて感じました。無料で申し訳ないですが…汗

長男のテスト所感と答え合わせ

「算数は解説授業でやった2問、難しくてできなかった。あと1問間違ってるのに気が付いた~。でもね国語は、ばっちりだよ!」と。顔見合わせながら「ほ~。ま、今から答え合わせしますからね。笑」と母ニヤリ。長男のばっちりできた!はまったく当てにならないので期待はしていませんが、母の思いどおり国語は3問の間違い。算数の間違った3問と言うのは、大問5~7の3問すべてっぽいのでこのマイナスはかなり痛い…。まぁ自己申告答え合わせなので、これにプラスαとなると…ですね。苦笑

今回受けた「小2基礎力診断テスト」は、サイトやハガキ掲載によると

「小2基礎力診断テスト」は、学校の進度に合わせた基本問題からややレベルの高い良問で構成したテストです。(略)※ 早稲田アカデミーが実施してきたチャレンジテストや全国統一小学生テストより、やや基本的な問題で構成されており、全国基準といった観点からの習熟度評価テストです。

とあったので若干易しめなのかと思っていたのですが、長男曰く「算数は難しかったなぁ」とのこと。「先生から算数と国語どっちができた?と聞かれて、みんな算数と応えていたけどぼくは国語って言ったら、へぇ~めずらしいね!この国語は難しいんだよと言われたよ。」と。まぁ国語も間違っていますが…長男の手応えは国語の方があったようです。問題を見たところ、確かに算数の大問5~7はややレベルの高い良問=簡単に解ける問題ではないなぁと感じました。

結果は6日にWeb上での閲覧できるとのこと。忘れずにしっかり確認したいと思っています。