新3年生の学習方針

「学習方針」というほどの~ですが長男の新3年生の学習について、1年前倒しで通塾か?家庭学習で補うか?であれこれ考えましたが…

小規模塾Aに通塾決定

小規模塾AとBが気になる前までは、四谷大塚の通信コース「リトルくらぶ」を主軸にして家庭学習にする方向で!と思っていたのですが… 家庭学習に寄り添える時間をしっかり取れるのか、忙しいし今日はいいや!と甘えが出てしまう(甘えさせてしまう)のではないかという懸念もあり。それじゃなくてもまだ幼児の弟がちょっかいかけて勉強の邪魔をしたり、それに釣られてふたりでふざけたり…もあったりで。リビング学習をしているので、多少の雑音は仕方ないことですが。苦笑

今月になってバタバタと小規模塾AとBの入室テストや体験授業を受けて、長男のやる気やモチベーションを保つためにはやはり通塾した方がいいなと判断しました。何より長男本人の「頭の良い子たちと一緒に勉強して、僕もがんばりたい!!」と言う言葉に後押しされた次第です。

公文教室は1月いっぱいまで

来年3月に閉鎖されるまで続けるつもりでしましたが、塾の新3年生コースに合わせて最初からスタートしたいと思い、1月いっぱいで退会することにしました。公文の進度は国語がFの終盤、算数がEの終盤です。国語はFを終わらせられそうでよかったです。算数はせめて小数まで学ぶことができたら…と思っていましたが、致し方ないですね。辞めるとなると淋しい限りですが。

1年生の夏期講座で学年相当のAから初めて、1月までの1年半で国語算数どちらも5~6年生相当のEとFまで到達し、進級テストに一度も落ちることなく進めてこれたことはとても誇らしいと思います。毎日の宿題を一度も怠ることなく自ら進んで取り組んできた姿勢、日々コツコツ努力してきたことを、親ばかながら大いに褒めてあげたいと思っています。

否定派も多い公文ですが、長男が公文を通して培った「学習習慣」、これはとても大きいです。時間があれば、我が家目線の「公文式のメリット」を記録しておきたいです。笑

各塾の外部テスト

実力試しとして11月から連続でチャレンジした各塾の入塾テストを含む外部テストですが、これは親子共々かなりいい経験になりました。3年生からはサッカーの試合数も増えるので、コンスタントに受けられるかはわかりませんが、週1の通塾と余裕があればプラスαの家庭学習をしながら外部テストを受けていきたいと思っています。日程次第…ですが。

加えて新4年生からの通塾候補になっている、サピックスの内部生も受ける組分けテストを兼ねた入室テストも受けてみたいと思っています。

通塾するけど基本は「気軽に~」

気軽に~とはいかないだろうとは思ってますが…笑 やはり3年生の1年間はまだ気持ちのんびりしていたいなぁと思っているので、定期的に行われるテストやクラス替え(年に2回 ※後日訂正→4回でした! ほどあるらしいです)に一喜一憂して、長男を追い詰めたくないなぁと。4年生からはそうなるの必至だろうし!!苦笑

入室の手続き前になりますが、新学年の入室オリエンテーションにも参加して学習内容等々のお話を伺ってきました。それはまた別の記事にしようと思います。