新3年生からの学習:通塾or通信教育

今のところ長男が中学受験する方向で考えがまとまっている我が家。3年生の夏~秋口に公文の小学課程が終了する見込みなのでそこで公文は卒業し、候補としている各塾の入塾テストを受けて新4年生(3年生2月)から塾にお世話になる予定で考えています。それまでは公文を続けつつオープンテストで力試して、時間があれば家庭学習もプラスして~と思っていたのですが…

公文教室、閉鎖のお知らせ

11月末に通っている公文教室から「3月いっぱいで閉室のお知らせ」が届き愕然。一身上の都合で先生が退任され、どなたかに引き継ぐことなく閉室するそう。通っている方々への対応として、近隣にある教室の案内が入っていたので早速確認してみましたが、どの教室も曜日をずらせないサッカーの練習日とかぶっており早々に断念。

現在公文の国語はF教材に入ったところ、算数もE教材の半分くらいまでの進度です。せっかくなら小学課程のF教材まで終わらせたかったし、何より長男自身もそれを望んでいたのですが思わぬ形で投げ出されてしまいました。

新3年生からの通塾する?!それとも通信教育?

塾にお世話になるまでの1年は家庭学習で補うか、それとも塾に前倒しで通うか… 夫婦で話していますが、現状まだ決まっていません。公文が続けられないとなった時点では「新3年生から通塾させよう!」と夫婦間でも話がついていたのですが、候補となる塾を選んでいる段階で通信教育も良いかも!な思いが出てきて。

まず私たちが第一に考えるのが「3年生のうちはサッカーや遊びが優先」ということ。次に「公文に通っている同等の日々の学習用量をしっかり補いサポートできるか」そして「長男の学ぶ姿勢・モチベーションを保つことができるか」という点。

通塾するなら…

新3年生のコースが始まる2月から通塾する場合、

  • 四谷大塚のリトルコース
  • 日能研の選抜クラス
  • 早稲田アカデミーの小3ジュニアコース
  • サピックスの小3クラス

上記の4つを候補にしています。他に算数特化の2教室も候補に入れていましたが(どちらも入塾テストの予約を入れていますが)入塾できるかの問題もあり現実的ではないなぁと。苦笑

四谷大塚と日能研は、先日までのテストで入塾許可が出ており希望すれば入塾できます。早稲田アカデミーは先日の試験結果次第で、サピックスは入室テストを受けないと~な状況です。

3年生で通塾するなら週1限定で

3年生で通塾するとしても「週1だけ」と夫婦で決めています。既述のとおりまだ3年生のうちは他の習い事や特にサッカーの方に重きをおいてあげたいと。それを考えた場合上記4校のうち最終候補として残るのが、どちらも週1の通塾で済む日能研とサピックスです。

先日テストで伺った際に好印象だった早稲田アカデミーは、週1でも可とのことでしたが、その場合は国語か算数どちらか1教科となり、どちらの曜日をとってもサッカー練習とかぶってしまうので残念ながら候補に残らず。新4年生からはまた候補として考えたいと思っています。

日能研かサピックスか

通塾するならどちらにするか… という前に、サピックスの入室テストを受けないことには!です。通塾方向であれば、サピックスの入室許可を得てからまた考え直したいと思っています。

気が早いですが仮にどちらも入塾できるとした場合、

  • 日能研・・・国算の2教科(70分×2コマ/週1日)
  • サピックス・・・国算理社の4科 ※2教科ずつ隔週で学習(60分×2コマ/週1日)

自習室があり質問ウェルカムでフォローばっちり!アットホームな日能研か、自習室もなく質問にしにくいクールなサピックスか。

「国語と算数の学習を通して学びの楽しさと出会い、真っすぐな学習意欲を育てる」を軸に答えがひとつとは限らない課題にチャレンジさせ、自分自身で考えることに重きを置く進度もゆ~っくりな日能研か、国語算数共に「基礎力を身につけることが目標」と掲げ、それに沿ったカリキュラムや演習などの新4年生に向けての土台づくりがしっかり組まれ、また理科社会も同時に学べるサピックスか。

通塾するなら今月いっぱいには決めないと…ですね。日能研の個別学習相談に行ってみようと思っています。そしてサピックスの入室テストも予約しなくては…。

中学受験向けの通信教育

通塾方向で!で夫婦の意見が一致していたのですが、中学受験に向けて家庭学習ができる低学年向きの「通信教育」の評判も気になり始め、早速資料を取り寄せることに。

候補になったのは、

Z会(中学受験コース)

Z会の通信教育中学受験コース
これまでほとんどの通信教育で実現できなかった難関国私立中学合格。Z会中学受験コースなら可能です。自宅学習で総合的に中学受験対策したい方向けに「トータル指導プラン」、中学受験対応塾の効果を最大化させたい方向けに「塾併用要点学習プラン」をご用意。お子さまにあったZ会のプランで難関国私立中学合格を勝ち取りましょう!

ピグマキッズくらぶ:サピックスの通信教育

ピグマキッズくらぶ|SAPIXの通信教育
ピグマキッズくらぶ 小学1年生から小学4年生のための通信教育

リトルくらぶ:四谷大塚の通信コース

四谷大塚ドットコム リトルくらぶとは?

「中学受験向け」を謳った上記3つです。サイトや届いた資料を確認し、それぞれのメリットデメリットを我が家目線で考慮した結果、Z会の中学受験コースはタブレット端末での受講のみとなるので却下、ピグマキッズくらぶは国算の2教科だけなので却下。4教科あり、お試し教材を見た感じでも長男に一番合いそうだと思ったのがリトルくらぶでした。

リトルくらぶの教材

長男自身もリトルくらぶの教材を覗き込んで「見せて見せて!ちょっとやらせて~!」と言うほど食いついてきました。リトルくらぶの3年生は4教科ありますが、理社に関しては「興味・関心を持ち、好きになることが目的」という位置づけで国算ほど深い内容ではないようです。ただ届いた教材のご案内を見る限りでは深くなくともひと通り楽しんで学べる内容だと感じました。

母としては、玉砕続きの四谷テストをリトルくらぶで(少しでも!)攻略したい… という思いがないこともなく。笑

リトルくらぶの教材については、別記事にしたいと思っています。

引き続き新3年生からの学習について、通塾?通信教育?どちらにするかを考えて年内には結論を出すつもりです。