お受験したい!(2年生)

1ヶ月前くらいでしょうか、学校の中休みに外で友だち数人と遊んでいたときに、1年の時からの仲良し同級生くんから「○○(長男)、お受験するんでしょ?」と唐突に聞かれたそうで。自分は答えず「△△はお受験するの?」と聞き返したら、「うん、するよ!絶対に合格する!」と言われたそう。「へぇーそうなんだ!」と言ったところでその話は終わり遊びに戻ったので、長男がお受験をするか否かについては応えてない… というような報告を受け、子ども同士の中でもうそんな話が出ているんだ~と驚いたのと同時に、「お受験」と言い合ってる感じがまだまだ可愛いなぁとにんまりし、「で、どこに合格するんだよ?」と笑った母。

母が長男の中学受験を考えるようになったのは、こちらで既述のとおりなのですが…

長男本人からも、ここ数ヶ月の間に「お受験ってなに?」と聞かれたり、どこで聞いてくるのか?いきなり「ねぇ、国立がすごいんでしょ?」などと言ってきたりするようになり。その都度長男にわかる範囲で中学受験or高校受験、公立・私立・都立に国立中のこと等々について説明したりしていて。

性格的に「お受験してみる?」と聞けば「するする~!」とか何も考えずに言う単純なタイプなのであえてこちらから促すようなことは言っていないのですが、先日何かの会話の途中で、

「ぼく、お受験したい!勉強がんばるからっ!!」

と宣言され。

「受験する・しないに関わらず、今はやるべきことを毎日しっかりやる!これがいちばん大事だからね!」と念押しすると、「うん、わかってる。毎日やらないといけないこともちゃんとやる!」と真剣に言う長男。「受験するなら、今よりもっともっと勉強しないとねー 簡単にするする~と言えるほど甘くないからね!」と釘を刺す母。

という流れがあり、んでは早速!と学世田中の芸術発表会へ~となったわけです。なぜか国立、国立とインプットされているようなのでならばと優先的に。

とにもかくにも、お受験記は続けられそうです。笑