【発表会】東京学芸大学附属世田谷中学校(2年生)

かなり気が早いと思いつつも… 雨でサッカーの試合も流れた先週の21日(土)に、長男とふたりで初めてとなる学校見学?訪問に行ってきました。

記念すべき第1回目の訪問校は、東京学芸大学附属世田谷中学校です。前日の20日から芸術発表会が開催されており、ウェブサイトに「展示のみの公開」と書かれていたので作品を拝見する目的で。絵を描くことが大好きな長男の刺激にもなるかなぁ~とも思いまして。

受付で外部者の受付をして校内へ。見る限り校舎は古き良き時代を感じる建物で華やかな感じは一切ないのですが、現時点ではその点をあまり重要視していないこともあり、なんだか逆にしっくりきた印象です。これから色々な学校を見学していくとまた変わってくるのでしょうか。笑

頂いた芸術発表会の要項に載っている校内図を見ても、「今どこにいる?」な状況だったので、入ったすぐの事務室に戻り現在地を確認して見学開始です。

1年生の巨大モザイク画

まずは1年生のモザイク画を見学。「海」がテーマで生徒全員がそれぞれに描いた絵(こちらも展示してあります)の中から選出されたクラス代表者(原作者)の絵を元に黒板サイズのモザイク画を作成し、クラス毎に展示してありました。母親目線でのっけから感動です。クラスの集大成、大変素晴らしかったです。

自他共に認める絵心がある長男が目を輝かせながら「すごいね!これ選ばれたいよね!!」とストレートに素直な感想を言っていました。「きっと何枚かの候補の中から、みんなで話し合って多数決とかで決めるんだろうね~」と返したところ、「決めるときに揉めるだろうなぁ…」とかなぜかそっちの方をやたらと気にしていました。すでに選ばれる気なのか?

母は頭の中で、夏休み明けに絵を描いてそれから選出して1ヶ月足らずでこれ製作したのかな?いやもっと前から?とか中学1年生のスケジュールはどうなってんだろ、とぼんやり考えてました。

2、3年生のステンドグラス

校内図を片手に2階へ。2年生は「和」、3年生は「神話」がテーマのステンドグラスです。校門を入って見上げた窓に見えていたのはこれですね。間近で見ると圧巻です。1年生と同じく原作者の絵を元に作成されているのですが、原画も素晴らしいできですが、それをきちんと細部まで再現している点にも感動。根気のいる作業だったろうと。「これ窓枠サイズの紙に下書きしてやるんだよね?」「そうだろうね~ 机上で作業して最後に貼り付けるんだろうね!」とか作業工程を想像して話し、すごいねーキレイだね!を連呼しながら見て回りました。

体育館で舞台発表などが行われていたのでしょうか、幸いなことに私たちが見学していたときは人もほぼいなくてどのクラスでも貸切状態だったので、長男とふたりであれこれと感想を言いつつゆっくりと見学することができました。

やはり3年生になるとさらにレベルも上がりますね。共学ならではの女子が主導権を握りつつ、男子がそれをうまく受け止め(受け流し?笑)ながら男女が輪になって作業を進めるシーンを思い浮かべ、共学もいいかな♪とか思ったり。

3年生はこの一大イベントが終わってこれから本腰入れて受験勉強?いやその前に期末試験とかあるよな?慌ててしなくても普段からやってるのか…?とかまたそんなことを考える母。

2017学世田:芸術発表会まとめ(雑感)

まだまだゆっくり見て回りたかったのですが、午後からの予定があったため、あとはさらりと流して見ただけでおしまい。せっかくだしギリギリまで他の教室も~と校内図を見るも、ん?これ外?離れ?傘は下に置いてきちゃったしねーとそこで断念。校内が迷路な作りになっていて、今どこいる?と若干迷子状態でした。笑

「また来年ゆっくり来よう!」「これからもいろんな学校を見に行こうね~」と話しながら所用を済ませて帰宅。長男は展示を見ながら「なんか絵が描きたくなってきた!」と言っていたとおり、帰宅後すぐにスケッチブックを出して絵を描きだして… ふと覗いてみたら、海と魚の絵でした。影響受けすぎ。笑

ほんとにさら~っと一部だけを見ただけで「見学してきた!」とは言い難いのですが、良い機会になったと思います。長男は刺激を受けやすいタイプなので、今後も他校にも足を運び良い刺激をたくさんいただけたらいいなぁと思っています。